【完全中年前夜祭】2020年はFXでもやってみようかね

昨年末に『今年どうしようかな〜』という記事を書いてみた。

[st-card id=16297 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

年末年始を利用してアレコレ考えたが、そう簡単に答えが出ていれば悩むことはないだろう。

再確認したのが、私は

  • あまり頭が良くない
  • 継続性がない
  • 広告の儲け話で最短ルートへ行こうとする
  • 年始だけ「英語学ばないと!」「プログラミングやらないと!」と、焦る
  • お金も時間も体力もない

という知っていたことのみ。

今さら事態が極端に好転することは考え難いのだ。

年齢についても考えた。

今年で39歳なので、色々なことが30代最後となる一年。

もはや「オッサン」というよりカジュアルな言い方ではなく「中年」という響きがしっくりくる年頃である。

そういう年齢に差し掛かろうとしてもなお、『仕事どうしようか』『家はどうしようか』『何を始めようか』と考えていることが嫌になるが……。

とはいえ、それこそが自分らしさでもあるので、モヤモヤの着地点を幾つになっても探し続けるだろうなと。

そういう作業ばかりしているので、もはや苦でもない。

今年も自分のペースで生きていくことになるだろう。

どう頑張るの?

プランは2つあって、1つは転職、もう1つは本業+α

転職

今の仕事は多少不満こそあるものの、仕事ボリュームの割にお給料を頂いている自覚もあり、直ぐに辞めたいとは考えていない。

ただ、先を考えた時、どうにもこうにも自分がいるべき環境ではないのかな?というモヤモヤは晴れていないのだ。

トップダウン経営や会社愛を持たせようとしているところ含め、昨年頃から徐々に言いようのない気持ち悪さを感じるようになってしまった。

また、もっとクリエイティブなこともしたいし、経済を動かしている実感も欲しいし、新たな知見も欲しいなと。

それならば転職して収入を落ち着かせるのはどうだろうか?となった。

簡単なことではないのは自分自身が一番良く知っている。

  • 年齢的に20代ばかりの会社は入りたくない(会社側も39歳の中年は不要だろう)
  • 年収はミニマムで650万円以上欲しい
  • 乗り換えナシで通える職場が良い
  • 残業したくない

など、20代の頃に比べて企業に求める条件が増えてしまったのだ。

なので、転職を考える場合、ある程度長期戦を覚悟しなければならないだろう。

当然ながら現仕事もテキトーに働いていればバレるので、そこそこの緊張感はある。

積極的に動く環境でもないので、物凄く心が動かされた求人のみ応募するようにしていく。

 

本業+α

現実的ではあるが、+αが何になるのか?という答えは出ていない。

過去にはアフィリエイトで収益を得ていた時期があったものの、Googleのアプデによってサイトが圏外に飛ばされるようになって以降モチベーションを落とし、それに変わる収入源を得ることは出来ていない。

そこで考えたのがFX

昨年からideco、つみたてNISA、LINEのワンコイン投資、株は開始済みで、一昨年よりも金融知識が付いていることは間違いなく、そろそろFXにも挑戦してみようかなという考えは持っていた。

無論、直ぐに結果が出るとは考えてないが、少しずつ始めて経験を積んでみたい。

[amazon_link asins=’B06Y2NKZ2R’ template=’kaereba-yomereba’ store=’latterhalf-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e7841f6c-201f-42c1-932d-465fd31ea161′]

まずはTwitter等で著名な方をフォローしつつ、本業と同時進行で始めていくことにしよう。

さて、どうなるのか?

今年も「老い時々晴れ」をよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です