月収50万以上あっても余裕がないので買い物を控えて固定費の見直しを検討するも壁にブチ当たる

月末に多くのお金が引き落とされる。

  • 家賃
  • マンションの駐輪場
  • 電気代
  • ガス代
  • 駐車場
  • 家のインターネット
  • 生命保険
  • (2ヶ月に一度)NHK
  • iDeCo

合計で約20万円

月の中頃には嫁氏への生活費、つみたてNISA、(2ヶ月に一度)水道代などの合計も約20万円

それとは別にマンション更新費や住民税の積立もあり、日々の食費や日用品などの出費を含めると、現在の生活は月に50万円以上のお金がかかっている。

現在はコロナの影響で飲み会や友人と遊ぶこともないので、予定外の出費はないものの、今月は調子に乗ってメンズエステやグランカスタマでのピーもしたので出費が増えた。

自慢することではないが、本業の他に業務委託案件を抱えているので赤字ではなかったものの、業務委託からの収入がなければゾッとする。

昨年業務委託に頼り過ぎて痛い目に遭ったので、期待し過ぎは禁物だ。

業務委託案件に頼り過ぎて痛い目に遭った実体験

現時点では大丈夫。ただ、その後のことまでは分からない。分かっているのは、本業のみの収入だと毎月赤字になるということ。なので、案件獲得する姿勢を止めてはならないのだ。いつ業務するんだよ、という問題はさておき、今やれることをやっていくしかない。

とりあえずは無駄な買い物を控えること。欲しくもないのにYou Tubeで「ユニクロのオススメ品!」とか見るとポチってしまう悪癖があるので、誘惑するようなチャンネルは控えたい。

大好きな街録chだけで事足りそう。

 

固定費の削減は至上命題

ブログやオウンドメディア等で目にする「我が家の家計簿」的な記事を見る度に啞然としてしまう。皆さん結構堅実な暮らしを送っているのねと。我が家は海賊のような部分があって、お金があると使ってしまう。昨年だって、Dysonのコードレス、水沢ダウン、MacBook Air、iPhone12と、容赦なく散布した。

言い訳
メルカリで売れるモノを購入したよ

とはいえ、高い買い物はそこまで頻繁に発生するわけではないので、見直すべきは固定費だろう。例えば家賃。今より半分以下の物件にすれば、暮らしの満足度も半減するかもしれない。ただ、引き換えに心にゆとりが生まれる。今と先(老後)のバランス取りは誰しも考えるところで、我が家もようやくそういうことを考え始めるようになった。

また、中古戸建の購入も検討し始めている。以前は全くなかった選択肢だ。35年のカツカツローンではなく、最悪アルバイトでも払える程度の金額で10〜15年程度なら悪くない。60歳までに支払いが完了していれば、老後は年金とiDeCo、株主優待でゆとりクソジジイババアライフを送ることも可能だ。勿論、そういう物件は駅から遠いだろうし、中もガタがあるだろう。それでも、無理した生活するよりも地に足がついて良い気がしてきた。

ずーっと言われている【賃貸 VS 戸建て】には興味ないが、私の実家が犯したような無理した35年ローンだけは絶対に組まない。

貧乏な実家を反面教師にしてお金を守っていく

 

犬君猫さんの影響考えると

今の収入がいつまで維持できるか分からないので、住まいについては早々に検討したいところだが、我が家には10歳になる犬君と3歳の猫さんがいる。特に犬君は老犬と言われる年齢に入ってきたので、負担はかけたくない。現実的には犬君を看取ってからか。そんなこと考えていたら、極力健康で長生きしてもらいたいので、可能な限り今の家に住み続けることができたら最高だ。となると、やっぱりワイが頑張らないとな!という結論になった。

バランスは難しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。