イベント・スポーツ

新型コロナ対策の市民総出SNSプロジェクト始動。“美味い”はコロナに負けない #別府エール飯 別府市民11万7000人の飲食提供施設応援プロジェクト

別府市(市長:長野恭紘)は、新型コロナウイルス感染症の影響で、来店客が激減した別府市内の飲食を提供する施設を応援するプロジェクトを、3月18日(水)スタートします。

#別府エール飯の背景

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出を控える動きが定着、また予定されていたさまざまなイベントが中止となり、企業によっては在宅勤務への切り替えが進められるなど、これまで多くの市民や観光客で活気に溢れていた別府の街は今、普段の賑わいを失いつつあります。

これにより別府市内の旅館、ホテルを含む飲食を提供する施設では、来店客や宴会予約が大幅に減少し、その多くが苦境に立たされているのが現状です。本来3月は、12月に次いで大きな売上を見込める繁忙時期であるため、今回の業績下降の影響は計り知れないものがあります。

こうした状況を受け別府市は、市民総出の飲食施設応援プロジェクト「#別府エール飯」をスタートさせることを決定しました。

 

呼びたくても呼べない飲食店と、店の味を食べたくても行けない市民を繋ぐテイクアウト

新型コロナウイルス感染症対策として政府は、不要不急の外出を控えることのほか、多数が近距離で接触する宴会、会議、食事会などの自粛を要請しています。

お客様に来て欲しくても、お店に呼べない飲食店。
あの店の料理が食べたい、助けてあげたいけれど行けない別府市民。

助けを必要としているお店が声をあげられない。助けたい人が行動に移せないのが今の別府の現状です。この現状を受けて、別府市はテイクアウトで、飲食を提供する施設を応援するプロジェクトを立ち上げました。

テイクアウトであれば、飲食を提供する側は、自信を持ってお店や商品の発信が可能です。また別府市民は気軽にお店の味を楽しみ、お店を応援することができます。

 

仕組みは簡単。テイクアウトした料理を、「#別府エール飯」のハッシュタグをつけて投稿。

お客様(別府市民)は、

飲食店は、

※まだ、テイクアウトサービスを実施していない飲食店は、テイクアウトサービスを立ち上げる。

テイクアウトムーブメントを作り、市民総出で飲食店を支援します。

キャッチコピー

美味いは、コロナに負けない。

持ち帰れ、別府の美味い飯。

 

別府市民向け宣言文

湧き上がれ、別府市民。

出口の見えない、コロナウイルスとの戦いは、別府の飲食店にも、危機をもたらしている。
あなたが小さい頃から通っているあの店にも。
あの店のあの味を、今守れるのは、あなただ。
1人では救うことができないあの店の味も、別府市民11万7000人が集まれば、救うことができる。
例えば、1人が1食、あの店の味をテイクアウトしただけで、11万7000食。
別府市民11万7000人のテイクアウトで、別府の美味いが救えるのだ。

 

飲食店向け宣言文

立ち上がれ、別府の料理人達。

コロナショックで、外食自粛に歯止めがかからない。
「積極的に店に来てくれ」とは言えないあなた。
でもあなたは、知っている。
あなたの飯を食べたくても店にいけないファンがいることを。
店に呼べないなら、届ければいい。美味い飯を、テイクアウトしてもらえばいい。
別府市民11万7000人のエールに応えるのはあなたが作る、美味い飯なのだ。
立ち上がれ、別府の料理人達。集え、別府の美味い飯。
美味いはコロナに負けない。

 

「#別府エール飯」特設サイト

http://www.beppu-yell-meshi.com/
3月21日(土)よりオープン

-イベント・スポーツ
-, , , , , ,

Copyright© 老い時々晴れ , 2020 All Rights Reserved.