エッセイ

ダメ人間こそメンタルを鍛える近道ではないだろうか

11月 18, 2019

自分のことをずっと『ダメ人間』と思っていて、40代手前になってもそれは変わらない。

人嫌い、団体行動苦手、早く家帰りたい、残業嫌、仕事中に関係ないサイトを見る、本は即メルカリ行き、少しでもお金に余裕あるとメンエス、FANZAのダウンロード、貯金額の低さ……など、数えればキリがない。

『人は人、自分は自分』と、都合よく行動してきたことで、完全な社会不適合者となってしまったと自負している。

会社員として働いているので、旗から見れば一般人に見えるだろうが、根っこの部分はニートと大差ない

phaさんが作った似た者同士のコミュニティを形成しようとも思わないし、勉強会等で無理して人脈を広げたいとも思わないのだ。

嫁がいて、犬君と猫さんと暮らす日々だけで十分。

外部との接点は少ないし、全然裕福な暮らしも出来てないが、そもそも華やかな生活を送りたいとも考えてない。

お金で苦しむ老後は送りたくないので、iDeCoを始めたものの、しっかりとした資産運用をしている人に比べると甘さも残る。

投資未経験の人がすべきことは負けない投資。iDeCoとつみたてNISAでコツコツと老後資金準備を

10代の頃、勉強することが苦手でした。 20代の頃、幾つかのアルバイトを経て正社員になるも入社した会社は薄給で、同世代の平均額には届きません。ただ、実家暮らしということもあり、欲しい物は何でも買ってし ...

続きを見る

頭では『もっと勉強しておけば』『もっと人付き合いしっかりしておけば』『もっと遊んでおけば』という気持ちもあるにはあるが、過去に戻っても同じ選択をするだろうだし、収入や生活に大きな違いはないだろう。

土日の過ごし方などはダメ人間のソレだ。

妻が土日祝でパートに出ている日は、驚くほど生産性のないことばかりしている。

You Tubeやhulu、自身のアレを自己処理し、数時間に一度タバコを吸っているだけのぐうたら具合。

ただ、そんな堕落生活は最高以外の何者でもない。

誰に何かを強制されることもなく、自分の思うがままに過ごす時間は至福なのだ。

また、良い部分に目を向ければ、今後どんどん”遊ぶ”という機会が減少していく中で、孤独を楽しむ下準備が出来ているとも捉えることができる。

現状で心配なのはお金

家賃高いマンションに引越したので、以前に比べて余裕がなくなり、何を買うにも躊躇する暮らしをを送っている。

嫁に渡す金額、日々の食費、メンズエステ頻度を下げる、

無駄な買い物をしないなどのコントロールができればいいが、如何せんダメ人間なので、欲を優先しがち。

今後は少ないお金で暮らせるよう、欲をコントロールしていきたい。

スグには無理だろうけど。

とはいえ、ダメ人間も一定のレベルを超えると得るものがある。

それは強メンタルだ。

ちょっとのことでは落ち込まず(その前に逃げる)、失うものが少ないことで心配することも少ない。

メンタルの安定は生きやすさに繋がり、中年以降の暮らしも『何とかなるでしょ』という根拠のない気持ちを持たせてくれる。

今より良い暮らしができればすればいいし、ダメなら生活レベル落とせばいい。

少子化、AIに仕事を奪われる、日本ヤバい、子供部屋おじさんなど、生きていると将来の不安を煽る声ばかり聞こえてくるが、どんな未来であろうが、マイペースでノラリクラリと生きていければ十分幸せだ。

-エッセイ
-,

Copyright© 老い時々晴れ , 2020 All Rights Reserved.