【時間の無駄を徹底排除】会社の飲み会やイベントを断る方法

会社のイベントが昔から苦手です。他部署同士の親睦を深めたいとも思いませんし、参加したところで給料もアップしません。

飲み会で目にするような、上司のグラスに「どうですか?」なんてやり取りも見ているだけで帰りたくなります。途中で酔いつぶれる人も出てくるし、最後の一本締めなんて他のお客さんに迷惑でしかないですよね。

社員旅行なんて地獄のイベントです。何十時間も共に行動をして気を使い、心から自由になれる時間なんて寝る前の僅かな時間のみ。

「参加すれば楽しかったりするよ!」とよく言われますが、私は一度も会社の飲み会やイベントを「楽しい!!」と感じたことはありません。上層部は楽しくても下はそう思ってないことなんて多々あります。実際の仕事もそうですが。

私ほどでないにしても、こういった会社の飲み会やイベントが苦手な人は一定数いそうな気がします。

そこで今回は、便利な断り方をお伝えします。新入社員・中途・中堅関係なく、誰でも使える方法です。以前書いた

【誰も教えてくれない早帰り術】絶対に帰りたい飲み会がそこにはある

の応用編です。

となります。是非ともご参考ください。

会社の飲み会やイベントを断る方法

会社の飲み会やイベントを断ることに対してハードル高く感じている人がいます。特に若手社員ならより一層断り難いでしょう。

今回はそんな人でも簡単に使える断り方を難易度と共に紹介していきます。

難易度は☆〜☆☆☆☆☆で、☆の数が多いほどテクニックが必要

1・予告欠席【難易度:☆】

割とメジャーなやり方ですが、イベント数日前から体調不良を訴えておくと断るのが簡単です。

イベント前日だと怪し過ぎるので、3-4日前から調子悪そうなフリをしましょう。咳だと面倒なので、「なんか調子悪いな…」程度のテンションで業務に取り掛かるのが◎

「今日は早く帰ったほうがいいんじゃない?」なんて言葉を言われても帰らず業務に取り掛かります。そうすることで、イベント当日欠席しても

『あの人無理してたから・・・』なんて言ってくることでしょう。

 

2・体調悪くなる原因は飲み会だった!【難易度:☆☆☆☆】

1の理由だと、継続的に断るのは難しいです。しかし、1の理由はその後に使うための準備なのです。それが[体調悪くなる原因飲み会だった!]。

1を繰り返すことにより、飲み会の予定入ると体調悪くなるという印象を周囲に与えることができます。重要なのは普段は元気ありそうなキャラを演じ、仕事もそこそこ結果を残しておく必要があります。

ハードルは決して低くありませんが、ある程度の準備が出来た時点で実行すると、『参加したいけど体調悪くなるから…』というキャラクター付が可能となります。

一度成功すれば

『◯◯さんは、、、今回も参加しないよね?』

『ですね…。すっごい参加したいですけど、絶対体調崩しちゃうから笑』で終わります。

 

3・日付を間違える【難易度:☆☆☆】

会社から出ない業種に就いてる人は難しいですが、外回りなど外出が多い人は相当使えるテクニックです。

会社の飲み会は社内メールやLINEで共有していると思いますので、当日外出した際にそのまま帰りましょう。同僚から「あれ?まだ来ないの?」という連絡がきたら、「ウワァァァ!!!」というメッセージややってしまったというニュアンスのスタンプを送り、おっちょこちょいアピールをすれば完璧です。

それだけ?と思う方は一度お試しください。既に盛り上がった飲み会で不在者を気にする人なんて極僅かか0です。

 

4・不参加キャラを貫く【難易度:☆☆☆☆】

やや勇気がいる行動になりますが、飲み会のスケジュールが組まれた段階で不参加を表明することが一番です。社員旅行も同様。

2の方法に似てますが、決定的に違うのは潔さ。この方法により

『あ、この人会社のイベントは全くダメなんだ』と、周囲に印象づけることもできるのが大きなポイント。同じような不参加キャラを複数作り出すと、会社としてもイベントの存続を考えてくれる可能性も発生します。

 

5・外せない商談をイベント時間にねじ込む【難易度:☆☆☆☆】

  • この契約取れれば大きい
  • この会社からの依頼なら断れない

そんな商談をイベントが開催されてる時間にねじ込むのも効果的です。誰も「いや、飲み会優先しろよ!」と怒れないし、スムーズにイベント不参加を勝ち取ることができます。

難点としては得意先をコントロールするぐらいの権力が必要なので、そこそこハードルが高く新人向けではありません。

 

6・急激な体調不良からの脱出【難易度:☆】

今回紹介する中でも一番簡単な方法がこちら。

難しく考えることなく「お腹痛ったぁ…ちょっとトイレ行ってきます」と仕事中に数十分トイレに立て籠もりましょう。

そして戻ってきた後、テンションを控え目にして「なんか悪いもの食べたかもしれない…」と周囲に伝えます。これだけで周囲は「この様子なら今日の飲み会は無理だな」と感じることでしょう。

不参加が決まったら、普通に過ごしてOKです。誰も人の様子なんていちいち気にしてません。

 

7・休む【難易度:☆】

シンプル・イズ・ベスト。イベント当日に会社を休むという小学生でも知ってる手法です。イベントが決まった時点で有給休暇を申請し、「うっわ~タイミング悪っ(苦笑)」でOKです。

私も過去何度もこの方法を使ってますが、非常にスムーズにイベントを欠席できます。何度も申請していれば「あ、あの人会社のイベントが発生する度に有給申請してる笑」となるので、申請もラクラクです。

 

最後に

私は日々兼業先の存在を使うことで面倒なイベントを回避しています。

飲み会があれば、違う会社の業務で行けないアピールをし、社員旅行があれば旅行中に外せない案件をスケジューリングしています。そうすることで、会社のイベントに参加できない状態を築き上げてきました。

勿論、どの会社もたまには顔を出しますが、全く居心地は悪くありません。むしろ、そこそこ面白い時だってあります。ただ、それも全てのイベントに参加してないからというだけで、会社のイベントが嫌な気持ちに変わりはありません。

一人でも多くの会社のイベントから逃げたいい人に届くことを願ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です