「在宅推奨、なにから始めたらいい?」テレワークを早期かつ円滑に実施するための緊急ウェブセミナーを連続的に無料開催します

Empowered JAPAN実行委員会はコロナウィルス感染拡大と政府基本方針に含まれた「テレワーク推奨」の呼びかけを受け、全国の組織や個人がテレワークを早期に実施するための緊急ウェブセミナーを 2020年3月17日より連続的に開催します。実行委員会の事務局である日本マイクロソフト株式会社や後援団体である一般社団法人日本テレワーク協会、そして多くの協力パートナー各社や自治体と連携し、テレワークを組織や個人が導入するために必要なマインドセット、 IT ツールの使い方、セキュリティ対策、労務管理、人事評価、法的リスク、組織内のガイドライン、各種補助金申請方法、お問い合わせ窓口、大規模イベント自粛要請を受けたオンラインイベントへの切り替え講座といった多くの実践的な情報を無料で提供していきます。

[背景と経緯 テレワークに必要なマインドやスキル等を学べる「機会」の無償提供]
本実行委員会は、テレワークをはじめとする働き方改革や学び直しを通した「いつでもどこでも誰でも働き、学べる世の中」作りをコンセプトに2018年に発足しました。実行委員会としては東京圏および地方都市におけるテレワーク啓蒙イベントを主催し、また、日本マイクロソフトと連携し、佐賀県佐賀市や愛知県岡崎市といった多くの自治体や協力会社と共に企業・個人向けテレワーク研修実証を実施するプロジェクトのアドバイザーを務めてきました。今回、政府からのテレワーク推奨の発表を受け、各IT企業がツールの無償化などの支援策を発表しました。それらの支援策に加え、まだテレワークの体制が整っていない全国の個人と組織に対して、テレワーク導入に資する包括的且つ実践的な情報を提供することを目的として、緊急ウェブセミナーを連続的に実施することを判断しました。特に、中小企業においてはテレワークの普及率が比較的低いことに加え、これまで日本マイクロソフトが全国で展開してきたテレワーク研修の中でも、テレワークの普及率が東京圏に比べ地方都市では低く、テレワークセミナーなどの学ぶ機会が不足しているといった声が多くありました。それらを踏まえ、今回のウェブセミナーでは地方自治体とも連携して、全国に向けた情報発信を目指していきます。また、本取り組みは国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)8番(働きがいも経済成長も)と17番(パートナーシップで目標を達成しよう)についても意識し、公衆衛生上の危機的な局面においても可能な限り経済を止めないように、日本全体がこの困難を乗り越えるために、たくさんの協力団体と力を合わせて貢献していきたいと考えています。

[Empowered JAPAN 緊急ウェブセミナー特設サイト]
https://www.empoweredjapan.com
*セミナー情報や参加はこちらからお願いいたします。

[本セミナーは 全国の下記のような方にお役立ていただけます]
・テレワークを急いで導入したい方、実践的な情報が知りたい方
・テレワークの仕組みはあるが、活用に課題を感じている方
・テレワークツールの使い方を知りたい方
・テレワークに必要な労務管理や補助金申請、法的な情報等の制度について知りたい方
・政府からのイベント自粛要請を受け、イベントをキャンセルするのではなく、オンライン型に切り替える具体的な方法を知りたい方
・全国の行政 、医療 、教育機関の方で、テレワーク実施方法や遠隔授業、ウェブ会議などの業種に特化した情報や各種事例について知りたい方
・外出せずにテレワークに関する情報収集を行いたい方
*インターネット環境があれば、パソコンからでもスマートフォンからでも、いつでも、どこでも、誰でもご参加いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です