お金の使う先をFANZAからiDeCoに変わってFANZAの良さを再確認

暑いなー雨続くなーと過ごしていたら、もう11月がそこまで迫っている。

早い。圧倒的な早さである。あれ?上半期どうだったっけ?という程、時間の流れが早く感じてしまう。

時間の流れが早く感じる=全く充実してない訳ではない。サッカー映画桃乃木かな夢乃あいかの作品を見ることが出来たし、行ったことないラーメン屋に行くこともできた。夫婦仲も問題なく、不満という不満は特にない(お金は欲しい)。

それでも時間の進みが圧倒的に早いのだ。少し前まで自身の世代を”イマドキの若者”と認識していたが、気づけば完全なる中年だ。時折ヒゲの中に白髪を発見することもあるし、焼き肉なんて食べたら翌日の夜まで胃もたれが続く。

老いを感じるのは自身だけではない。友人らの髪のボリュームは落ち、腹は出て、顔のシワが以前よりハッキリと深くなっている。同級生のFacebookにアップされている写真も厳しさを増してきた。加工しまくった写真で「いいね」を獲得して満足している人は何を生き甲斐にしているのだろうか?同窓会で全員集合の写真を見せられても『俺の青春を返せこの野郎!』以外なく、それを見て「全然変わってない!」というクソコメ者にはハズキルーペをプレゼントしたい。

関係ない方向に進みそうなので無理やり話を戻すと、時間過ぎるのが早いという感覚そのものは危険だなと感じる。子供の頃は学校という場所があり、勉強や遊びなど未体験のことを日々学ぶことが出来た。その流れは大人になっても変わらず、新たな経験を会社や友人、もしくは自分自身で見つける気持ちがあった。

それが加齢や慣れにより、経験していることの繰り返しが増え、良くない意味での「時間が過ぎるのが早い」という感覚を持つことに繋がっていく。

勿論全員そういう気持ちで過ごしている訳ではない。仕事上でも年齢に関わらずイキイキしている人達をたくさん見てきた。これは、稼げているかどうかより新しい経験を積めていることではないだろうか。『好きを仕事に』は、まさにそれだ。

[amazon_link asins=’4799325418′ template=’kaereba’ store=’latterhalf-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c179ca76-c55a-427c-bd71-2c949b60f705′]

自身は時間が早く感じる1人である。慣れてる仕事、休日のグダグダ、特定の人としか付き合わない人間関係など、思い当たる節ばかり。かといって無理やりお金がかかるような趣味を持ちたいとは思わない(流行りのタピオカは結構飲んだけど)。

ただ、老後を考えた時に『このままではマズいな』とは考える。今までは考えるだけで行動はしてこなかった。気づけば30代後半の後半で、再来年には40代に突入してしまう。そこでまず、老後資金の不安を取り除くためにiDeCoつみたてNISAで資産運用を開始した。

[st-card id=14942 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

今まで湯水の如くお金を使い、全く貯金をしてこなかった自分にとって大きなチャレンジである。これでFANZAを好き放題ダウンロード出来なくなったし、コンビニ行くテンションでメンズエステに行くことも出来なくなった。FANZAを視聴する機会が減るのは寂しいけど、次の挑戦をするためには仕方がない。

 

??

 

いや、何かが引っ掛かる。そもそもFANZAは悪なのか?否、絶対に違う。むしろFANZAには非日常空間を与えて貰っているので、不満は一切ない。というよりも、FANZAが[若さが全てではない]と教えてくれたのだ。例えば、推しの女優の1人である水城奈緒は2007年のデビューから作品を出し続け、2019年現在もバリバリの現役である。35歳となった今は立派なデブ熟女となり、昔と変わらぬペースで作品をリリースしているのだ。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]水城奈緒[/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]演技力は抜群にアップしているので、作品ごとに楽しめる内容となっております。お求めの際はFANZAより購入してお楽しみください。[/st-cmemo]

つまり、FANZAそのものを止めることに意味はない。今までのペースでダウンロードするのは無理だが、適度に楽しみ続けたいと考えている。適度にね。

それとは別に、人に堂々と言える趣味か何かを加えたい。可能であれば老後も楽しめる趣味だ。今さらカメラなんて始めたいと思わないし、映画だってマニアックに見ている人に比べればたかが知れている。となると、、、VR?つまり、、、FANZA?人に堂々と言える類ではないが、VRとFANZAというワードで気付かれないのであれば、VR FANZA YouTuberにでもなろうかな。誰得な気もするが、横文字を並べるだけで雰囲気出てくるので検討の余地がある。

結論:FANZAは素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です