自分自身のしないことリストを作ってみると人間性を客観視できる。『しないことリスト』感想文|pha

pha『しないことリスト』を読んだ。

これを読んで、自分自身の棚卸しをしたくなった。

なので、本の内容については特に言わない。

phaさんのブログを見ている人なら説明不要だろう。

自分自身の棚卸し

昔から友達が少ない。

学生時代はクラスの人気グループに所属することなく、少数グループに所属してきた。

社会人になってからも同様で、”人が集まるような人”には近づかず、常に距離を置いている。

  • 友達を多く作る
  • 多くの人と繋がりを持つ
  • ネットワークを広げる

こうした行動が苦手で、パーティーや異業種交流会の時は常に『この場から去りたいなぁ』と考えてばかり。

自分はおかしいのかな?と考える時期もあったけど、気づけば自身の周辺にパリピは皆無。

思い返せば、非社交的な人しか仲良くなってないなーと、20代後半になって気付いた。

30代に入って以降は付き合いの悪さを隠さなくなり、会社の飲み会ですら參加しないことも。

【時間の無駄を徹底排除】会社の飲み会やイベントを断る方法

“あの人はいるほうが珍しいからね”

こんな光栄な評価を頂いて光栄だ。

また、スマホに登録されている電話番号も、学生時代の友人や知人で数年連絡してない人達の番号も躊躇なく削除した。

保険と一緒で「もしも」に備えて登録していたが、そんな機会ないと判断。

  • 会社であれば、異業種交流会、会食などは他の人に任せる
  • 同窓会は開催後にSNSにアップされてる写真を見る程度

どちらも「へぇ〜」程度しかない。

そして、ほとんどの基準を

お金or時間を消費してすることかどうか?

にした結果、私のしないことリストが出来上がった。

 

しないことリスト

・休みの日は極力電車に乗らない
→人混みを避ける。

・SNSに反応しない
→関係ないことでストレスを感じない。

・インフルエンサーを追わない
→一部除き無意味。プロフィール内で金の話してる人達は相手にする必要なし。

・同窓会に行かない
→お金と時間の無駄。『思い出』という優しくも無意味な言葉。

・旧友に連絡しない
→今会ってないということは今後も会わない可能性大。

・両親にこちらからは連絡しない
→ 自分の時間がなくなるのを避けるため。自分の周辺だけ大事にする。

・断れない飲み会での二次会は参加しない
→生産性なく睡眠時間が削られるだけ。

・高級レストランには行かない
→今ならチェーン店の味で十分満足できる。

・勉強会に参加しない
→時間の無駄。主催者のドヤ顔見るために使う時間は勿体無い。

・オフ会に参加しない
→人にもよるけどほぼ時間の無駄。

・Facebookを更新しない
→知ってる人以外には「あの人は今?」ぐらいでいい。

・我慢しない
→ストレスの原因になりそうことからは極力逃げる。

・残業しない
→残業代出ても心の疲れを考慮。

・人を100%信じない
→人には表裏があると思えば、何があっても平然といられる。

・自分をダメだと考え過ぎない
→凹むのも面倒なので、何があっても「そうか」程度にしておく。

・落ち込んでる人を励まさない
→最後はその人が自分で行動を起こすしかないので言葉は不要。

今では友人と呼べる人は片手で数えられるぐらいになった。

世間体などは気にせず、面倒な関係断ち切ると驚くほど快適である。

 

友達は片手で数えられるぐらいで十分

日々LINEで連絡しているのは以下の人達だけ。

  • 地元が同じで今も仲良い友人2人(とのグループLINE)

会社の人や仕事関係者ともLINEするが、飲みに行く日以外は業務連絡がほとんど。

学生時代の知り合いともLINEしているが、会う頻度が数年に一度なので、友人というよりは知人レベル。

なので、嫁か友人2人にしか送ってないし届かない。

電車の中でタスクを処理するように様々なLINEに返答している人や、未読マーク沢山付いてる人などいるが、私のトーク画面は常にさっぱり。

頻繁にやりとりしないメッセージはどんどん非表示にし、視界に入らないようにしている。

企業から送られてくる公式アカウントも不要な情報ばかりなので削除してしまう。

今回はLINEを例に出したが、メールでも同様だ。

PCではブラウザのメールやメールソフトを開きっぱなしにしない、仕事以外はスマホの通知をオフなど、リアクションする母数を減らしている。

全ては余計な情報が入らないようにするため。

友達、知人、SNS等で日々入ってくる情報をいちいちチェックするのが面倒で、そのほとんどは自分にとってどうでもいいことだらけ。

SNSを見てれば金持ち自慢、彼女彼氏旦那嫁自慢、ナルシストなどが溢れてて、「俺も!!」となりがちだが、必要以上に追う必要はない。

 

しないことことリストに沿うことのデメリットは?

何もない。

Facebookで家族旅行や誕生日祝、日々の飲み会の画像を見てても1円にもならないし、自分のできること・興味関心あることだけしていけばいいと考えている。

限られた時間を有効活用していくため、無駄な付き合いや愛想は捨てた

一見つまらなそうに見える日常かもしれないが、家に帰れば嫁と犬君と猫さんが迎えてくれ、休日はamazonプライムビデオ・Hulu・Netflix・DAZN。

お腹が空けば近所のマクドナルド、ラーメン屋、松屋、スシローというコスパ良いお店へ行く。

これを日常的に送れているだけで十分に幸せなのではないだろうか?

勿論、非日常的体験を途中で挟むことの充実感は否定しない。

何をするかの前に何をしないか。

流されない人生を送るため、しないことリストを作ってみてはいかがだろうか。

phaさん「しないことリスト」を読めば、無理して「普通」と言われることをしなくてもいいかな?となるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です