GPD Pocket 2 | 初代よりバージョンアップした高性能UMPCのGPD Pocket 2がINDIEGOGOに出品されました

昨年の春にMacBook Pro(13インチ)を購入しましたが、1.37kgの重さは持ち運びには向いてませんでした。疲れていると重さをより実感し、肩こりも酷く…。さらに今年のような猛暑時はしんどさ倍増です。

そんな悩みを解消するため、暇さえあると価格.comでパソコンを探してました。軽さを重視するとスペックが弱まり、スペックを重視すると重量が上がり、軽さとスペックを希望通りにすると価格が上がるという悪循環。毎回「しばらくは今のパソコンで我慢しよう」という結論で落ち着かせてました。

そんな時、UMPCのGPD Pocket 2が、クラウドファンディングのINDIEGOGOに出品されたニュースを知ります。2010年頃に流行ったミニノートパソコンを彷彿とさせるサイズと軽さに加えてスペックも悪くないとなると当然気になりますよね。

GPD Pocket 2

まずはGPD Pocket 2の本体画像から。

Mac用?の外付けキーボードよりもコンパクトな幅ですね。

GPD Pocket 2のスペック

無駄なスペースは一切ない配置。前バージョンでThinkPadのようなキーボード間のトラックポイントはなくなり、キーボード右上の箇所を使って操作するようです。

コンパクト設計なので仕方ありませんが、この点は使いづらそうですね。

 


タイピングしてる様子のイメージカット(タンクトップの膨らみが気になります)。電子辞書のような小ささが分かりますね。

 

ポート類は充実してて、色々なタイプのコードに対応。これは非常に良い点。


SDカードもUSBも使えるので問題なさそうです。

 


Nintendo SwitchやポータブルDVDと変わらないサイズ感。Excelなどの広い画面を必要とするソフトは厳しそうですが、ネットサーフィンやWord程度の作業には問題ないでしょう。

 


女性が持つような小さなカバンにも入る小ささです。(こんなバッグに入れて持ち運ぶ人いないだろうけど)

 

MacBookとの比較

次にMacBookとの比較表を

GPD Pocket 2 Apple MacBook
OS Windows 10 Home macOS Sierra
Appearance UNIBODY machined magnalium UNIBODY machined magnalium
Screen 7-inch, H-IPS display 12-inch, Retina display
Touch Supportive, Multi-Touch Non-supportive
Resolution 1920×1200 2304×1440
Display 16:10 16:10
PPI 323 PPI 226 PPI
Retina Technology Y N
View Angle 178° 178°
CPU Intel® Core™ m3-7y30 Intel® Core™ m3-7y32
Core Dual core with 4 threads Dual core with 4 threads
Main Frequency/Turbo Frequency 1.0GHz/2.6GHz 1.1GHz/3.0GHz
GPU Intel® HD Graphics 615 Intel® HD Graphics 615
RAM 4GB / 8GB LPDDR3 8GB DDR3LP
ROM 128GB 256GB
Network Supports 802.11a/b/g/n/ac wireless networks Supports 802.11a/b/g/n/ac wireless networks
Bluetooth 4.1 4.2
USB A Port 2 None
USB C Port 1 1
Card Slot Micro SD card slot×1 SD card slot×1
Size 181×113×8-14mm 280.5×196.5×3.5-13.1mm
Weight 465g 920g
Cooling Active cooling Passive cooling
Price Crowdfunding price: $569-$639; Retail price: $729-$789 Retail price: $1299

CPUは初代機のAtomではなくCore m3を搭載。簡単に言えば前回よりもバージョンアップしてます。そして、465gという軽さ!500mlのペットボトルより軽いのです!メモリも8GB選べばサクサクですね。

マウスやキーボードなど足せば作業効率アップしそうですが、持ち運ぶモノ多くなると本末転倒のような気もします。

まとめ

日本で買えるようなるのは年末ぐらいでしょうか。購入するかどうかは未定(多分その頃金欠)ですが、セカンドPCとして割り切った使い方するなら断然ありですね。ん〜悩ましい!

追記

既にamazonで購入可能です。

[amazon_link asins=’B07L25WYZF,B07GZHQ58L’ template=’kaereba’ store=’latterhalf-22′ marketplace=’JP’ link_id=’779e34af-f352-456a-b9d5-1f836129b492′]

YouTubeにも早速レビューの動画がアップされてます。

気になっていた右上のスライドも割とスムーズに動くようです。デザインは若干ダサいものの、ディスプレイに繋げば自宅でも問題なく利用できそうですね。動画見れば見るほど欲しくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です