キコンパで出会った美人の人妻とデートして最後まで済ませることに成功した夢のような話

何回かに分け、既婚者同士の合コン【キコンパ】で出会った人妻Aさんとの進展具合を紹介してきました。

既婚者同士の合コン【キコンパ 新宿】参加してみた感想 | 参加者の年齢・目的・イベント後などをまとめて紹介 その気がない人妻を落とすにはどんな方法があるか?真剣に考えてみた 実はラブホより誘いやすくて効果的!?狙っている女性を自然に落とせるレンタルルームとは 人妻とのデートに備えてること全部話す | 場所・接し方・踏み込み方・準備品

今回はいよいよデート後の記事となります。

果たしてどうだったのか?

勿体ぶっても仕方ないので最初に暴露してしまいますが、なんと!!最後まで済ませることに成功しました!

最後までというニュアンスについては、大人なら誰でも想像出来る最後です。

凹と凸が合体したと言えば理解頂けるでしょうか。

しかも会うのが2回目の美人の人妻を!

しかも、私はイケメンでも金があるでもユーモアがあるでもありません

どこにでもいるフツーというより、世間の男を二分すれば、間違いなく下位グループに存在する男です。

そんな私が大成功を収めました。

なぜ成功したのでしょうか?

その要因を今回自慢がてらに残しておきます。

私のような非モテの既婚中年でも恋愛したい・遊びたいという人は参考にしてみてください!

キコンパで出会った人妻とデートして最後まで済ませることに成功した

デートコース

まずは予約したお店でランチを食べ、LINEでやり取りしているような関係がリアルでも継続出来るのか様子をみてみました。

  • 実際に会ったら盛り上がらなかった
  • LINEで聞いていた話を全然覚えてない
  • 全く自分のことを話さない

など、LINEとリアルでギャップがあると、ランチ後の発展が難しいので。

ただ、その心配は杞憂に終わりました

実際に会ったAさんは、非常に明るくて気さくで話しやすかったのです。

会話のラリーが下手かする気がない女性だと

『えーっと、次は何話そう……??』
『ヤバっつ、つまんない奴だと思われる……』
『この沈黙しんどいなぁ……』

となり、その場から逃げ出したくなってしまいますが、Aさんは自らも話すし聞き上手でもあるので、ストレス0でした。

予定外だったのは、席が円卓ではなく個室だったこと。

相手とのLINEでは、多少なりとも下の話も出ているので、デート当日に意識させることが出来るかどうか。

その点で予約したお店は悪くないチョイスです。

店名は言えません、個室+円卓という隣に座りやすい状況。

小1時間程したタイミングで、手のサイズを図ってみたり、手相を見たりして、タッチする回数を増やしていきます。

参考:人妻とのデートに備えてること全部話す | 場所・接し方・踏み込み方・準備品

これは完全に確認ミスですが、大きな穴にはなりませんでした。

むしろ最初の時点で横に座ってベタベタするほうが怪しいですよね。

 

中年の恋?

小1時間程話し込み、ふと気付いてしまったことがあります。

それは、Aさんに対する気持ち

元々はキコンパでセフレが出来ればいいなぁーというゲス100%で参加し、実際に数名の女性とLINE交換をしました。

その後数名とやり取りしてましたが、他のLINEよりも楽しみにしていたのがAさん。

そして実際に会い、LINEとのギャップのなさに心を持っていかれました。

久々に感じるトゥクンというやつです。

私もAさんも既婚者。

先に進んだところで蛇の道であることは分かっているし、それぞれが大切にしていることは守らないといけません。

それでも、話せば話すほど『もっと一緒にいたい』という思いが強くなっていきました。

なので、どのように転ぶのか試してみたくなったのです。

そこで、ランチ中にマッサージの話もしてみました。

『学生時代からマッサージしてたから自信あります!』
『えー受けてみたい!』

『散歩したら疲れるからしましょうか?』
『え?いいの??是非笑』

当然お世辞というか、LINE上での返答ではあるので確定ではないものの、『マッサージする』という意思を見せてました。

当日になってマッサージを提案するよりもナチュラルに受け入れられるでしょう。

参考:人妻とのデートに備えてること全部話す | 場所・接し方・踏み込み方・準備品

『マッサージどこでしましょうか?』と聞いてみたところ、Aさんはニコニコしながら『どこでするのぉ??笑』と、何かを悟った様子で返答してくれました。

私の判断が正しければ、Aさんの返答は「ラブホでもいい」です。

勿論『ラブホでもいい』とは一言も言ってません。

ただ、その表情は嫌がっているというよりも興味本位といった様子。

そこで肝心なのがホテル選び
気をつけなければならないのは、ラブホ街を歩かせて警戒度を高めてしまうこと。

そこで、女子会でも利用されるような明るめのホテルを選びました。

というより、これは結果論

ランチしたお店を出て、歌舞伎町周りをブラブラ歩いていると、ホテルバリアンリゾート 新宿アイランド店をたまたま発見したのです。

©https://www.balian.jp/gallery/shinjuku_island/

バリアンリゾートのエントランスやロビーはリゾートホテル風で、看板で「女子会にも」という援護射撃もあって、怪しさはだいぶ薄らいでくれました。

思い切って『こことかどうでしょうか?』と提案すると、Aさんは『まあ、いいか!』と快く承諾!

キタ━━(゚∀゚)━━!!

こうしてAさんをホテルに連れ込むことに成功しました。

 

ホテルに入ってからはイージーモード

ホテルは室内の綺麗さや豊富なアメニティ、リモコンひとつで飲食の注文や映画を見ることが出来ます。

これなら1人宿泊しても満足度は高いですね。

しばらくして『じゃあ、マッサージしようか?』と提案します。

Aさんは何も疑うことなくベッドへ行って寝転がりました。

そして背中や肩を中心にマッサージをし、たまにお尻や乳にもタッチして嫌がらないか確認します。

するとAさんは全く嫌がらないので、調子に乗って他も触ってみましたが、こちらも問題ナシ。

10分程マッサージしていたら私が疲れてきてしまい、隣で休むことにしました。

Aさんの隣で寝転ぶと、Aさんは何も言わずにこちらに来て、抱き合う形になります。

これは完全にイケると確信しました。

少し休憩したあと、顔を近づけてみると、Aさんからキス攻撃が始まったのです

Photo by AndriyKo Podilnyk on Unsplash

最初は軽くでしたが、徐々にAさんの舌が早く濃厚になり、私は息を吸うのが難しくなる程に唇を吸われました。

当然嫌ではありません

Aさんの濃厚なキスで火が付き、私もAさんの身体に触れてみます。

胸はそこまで大きくないものの、形の良くて感度も抜群♪

下を触ってみると既に濡れてました。

徐々にAさんの呼吸も荒くなってきましたが、Aさんは『今日はここまでぇ〜』と牽制してきます。

当然そのまま終わらせる気もないので、Gを中心に攻め続け、呼吸が荒くなったところで『一緒にお風呂入ろうか?』と聞きました。

するとAさんは黙って頷いてくれます。

そしてバスタブにお湯を溜め、入浴剤も入れて2人で入りました。

そこまで大きなバスタブではないので、私が先に入り、その上にAさんが乗る形。

普通に書いてますが、まさかまさかの展開に現実が追いついていきません。

今私の前にいるのは、数週間前に『はじめまして〜』した人であり、多くの男性が狙っていただろう女性だ。

しかも、パーティー以来2回目にも関わらず、今はホテルのお風呂に一緒に入り、Aさんの綺麗な身体を独占中というシュチュエーション。

立て続けにラッキーな展開が続きましたが、ここまでくれば後はその気にさせるだけです。

お風呂に入りながら綺麗な身体を弄り、時折下も触りあってムードは一気に高まりました。

少しすると汗が出てきたのでお風呂から出てベッドへ向かいます。

することは1つ

濃厚なキスを再開させ、互いに貪り合い、私の上に乗っかてきたAさんに対してアクシデント的に凸を凹へ……。

様々な体位を楽しみ、最後はAさんの尻に大放出……。

終わった後もベッドで長い時間を一緒に過ごし、再度2人でお風呂へ入りました。

身体を洗ってもらうと再度息子がムクムクとなり、そのままAさんにバスタブで手を付いてもらってバックから2度目のフリフリタイム。

なんだこの展開は!?と思いながら、今目の前に転がっているチャンスを逃したくない気持ちが大きくなり、無我夢中で腰を動かしました。

2度目を終え、風呂場から出て帰りの支度をします。

その間も暇さえあれば唇を求め合うという展開。

部屋を出る時もエレベーターの中でも、惜しむように何度も何度もキスしました。

帰りの駅までは行きとは違い、Aさんの手を繋ぎながら歩きます。

Aさんを駅まで送り、私は別の路線へ。

駅のホームで嫁に『そろそろ帰るね〜』と、いつも通りにLINEをしました。

そしてAさんにも今日の感謝とまた会いたい旨を伝えます。

悪いことだとは思ってますが、自分の感情に嘘はつけません。

相手も既婚で家庭もある人なので、毎週会うのは難しいだろうし、それを実践する金も時間もないのが現実です。

ですので、当面は月一程度のアバンチュールを楽しむことにします。

Photo by Cristian Newman on Unsplash

と思ってますが、どうにもこうにも頭の中がAさんでいっぱいです。

Aさんの口からは未だに私のことを『好き』と言ってくれませんが、それは大きな問題ではありません。

その言葉を言わないことが、Aさんが最低限守っていることなのか、そもそも好きとは別の感覚なのか?

いずれにせよ、ホテルで起こった夢のような出来事を振り返ると、一度きりで終わらせるには勿体なさ過ぎます。

 

まとめ・今後

このレポートだけで『キコンパは最高だよ!』推すつもりはありません。

私は今回のAさんとのことがなければ『高いなぁ』と思うだろうし。

こればかりは運もあるので、出会った人との相性次第ですね。

私自身は運良くAさんという、素晴らしい女性を見つけることが出来ました。

今後どうなっていくのかは分かりませんが、私もAさんも第一優先はそれぞれの家庭。

なので、互いに無理せずに隠し通せる範囲で、Aさんとの時間を長く共有していきます。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です