人妻とは肉体関係よりも信頼関係の構築と継続を徹底すべき理由

キコンパで出会った人妻とデートをし、そのまま肉体関係まで進めることができました。

キコンパで出会った美人の人妻とデートして最後まで済ませることに成功した夢のような話

イケメンでも金持ちでもない私が、出会って2回目の美人妻を落としたのだから人生は分かりません。

Photo by Pablo Heimplatz on Unsplash

デート当日以降のLINEは、以前にも増してディープになってます。

内容は伏せますが、”直ぐにまた会いたい”という気持ちをストレートにぶつけるようになりました。

そんな度を超えたLINE攻撃にAさんは我慢ならなくなったのか、『こないだのことは忘れてください笑』という返答が届いてしまいました。

語尾に【笑】があって助かりましたが、意味としては『この話題はちょっと抑えて』に違いありません。

LINEを見返して見ると、セフレ相手にでも送っているような薄い内容が多いことに気付きます。

まだまだ私も甘いですね。

早く会いたいではなく、早くヤりたいと思われて仕方ない内容ばかり送っていたのです。

ただ、そんな接し方では長続きなんてするはずもなく、早々に終わりを迎えることになってしまうでしょう。

デート当日に結果を出したことで、『Aさんはもう俺の女』という思い込みが出来ていたことも否めません。

早めに気付くことができて良かったと考え直しました。

その後2回LINEは既読スルーされましたが、平凡な挨拶LINEを送ったところ、ようやく返答が!

今後はAさんからディープな内容を送ってこない限り、自分からは極力控えようと思います。

それは、Aさんが肉体関係だけを求めているわけではないから。

Photo by Becca Tapert on Unsplash

人妻とは肉体関係よりも信頼関係の構築と継続を徹底すべき理由

デート後にAさんから送られてきたLINEに大ヒントが隠されてました。

それは
『会ったら無一文のことをより信頼したので受け入れてしまった笑』
ということ。

デート数日前にも
『徐々に無一文のことを信頼するようになってます』
という内容が送られてきました。

どちらも受信当時は『へー嬉しいね』程度でしたが、今見返すと重要過ぎるポイントであることに気付きました。

相手は人妻で子供も2人います。

そんな人妻が既婚者合コンに参加していたのです。

そもそも、人妻ながらキコンパに参加する理由はなんなんでしょうか?

暇つぶしもありますが、何割かは非日常の出会い旦那以外の男欲しさではないでしょうか。

日常に大きな不満こそないものの、火傷にならない程度に火遊びしたいと考えるのはおかしなことではありません。

お母さんとはいえ、女ですからね。

でないと、土日の昼間にわざわざ都心部まで1人で出てきません。

そういう人妻に対し、シンプルに『じゃあ、やらせてよ笑』は通用しなくて当然。

相手が何を求め、何に日々不満を感じているのか?

その小さな”何か”を発見していくことが大事なのです。

人妻がキコンパに参加する理由

Aさん含みキコンパに来ていた人妻は綺麗な人が多かったです。

お子さんがいる方も何人もいましたが、体型にも気を使われていて、シンプルに綺麗な女でした。

恋愛市場に出れば立候補する人がいるだろう人達ばかりなのです。

では、なんでそんな女性がわざわざ既婚者合コンへ参加するのか?

それは穴埋めです。

  • 90%以上幸せだけど残りの10%も埋めたい
  • 旦那との関係は良好だけど、もう少し女でいたい
  • 火遊びしたい

など、100%になってない承認欲求を満たすため。

Aさんの場合は、もう少し女でいたいという想いを察しました。

気になった点
・Aさんの旦那さんが過去に何度か不倫してきたが、Aさんは家庭のために見て見ぬ振り
・Aさんは23歳で結婚したので、若者らしいことはしてこなかった
・今の職場で20代の男にデート誘われたことがある

会話の節々で聞こえる女としてのプライドと見栄

実際にAさんの話は嘘ではないことが分かります。

本人は30代前半ぐらいに見えるし、日々の運動で引き締めた体、黒の下着を着用など、ところどころで”いい女”という印象を受けました。

そこで、Aさんに気持ちよく過ごしてもらうため、容姿・母業・仕事の奮闘を褒め、Aさんを持ち上げることを意識しました。

その結果、前回お伝えしたような成功に繋がったのだと考えています。

Photo by Jan Zhukov on Unsplash

肉体関係だけでは心まで手に入らない

デート後の私は下ネタのオンパレードで、よくAさんは付き合ってくれたと思います。

そういう意味でAさんのブレーキは助かりました。

このチャンスを逃さないよう、もう一度接し方やLINEの内容を見直していきます。

まだまだ本人の気持ちがこちらに向いてないからこそ、Aさんが拒絶するまで2人の時間を楽しめれば幸い。

そのために必要なことは信頼してもらうこと。

一度ではなくLINEでも信頼してもらい、リアルでも信頼してもらう。

その繰り返しです。

信頼を勝ち取るには下ネタは控え目にし、相手を尊重すること、見た目以外の優れている点を伝えてあげることが効果的。

美人に「美人ですねー」の効果はほぼありません。

それは、晴れてる日に「今日はいい天気ですねー」と同じぐらい中身がなく、何の印象も残せなくなります。

主婦業の奮闘さに感心し、お子さんの話を笑顔で聞き、旦那さんまで褒めてもいいでしょう。

下ネタは、相手がそういうモードになった時に発信する程度で、自分から『ああー!もうAさんのせいでギンギンですよw』などと、言わないようにしておきます。

そうして少しずつ信頼を勝ち取って積み重ねていく他ありません。

本当に地味で時間がかかる作業ですけどね。

でも、イケメンやヤリチンでもない地味中年にとって、絶対に通らないといけない道です。

最後の美味しい部分を頂くためには致し方ないことと割切り、意中の人妻から信頼される男になります。

と、散々エラソーに語ったが、私も取り戻さないといけないので、ここからが勝負!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です