人生で初めて財布を落として発見するまでの一部始終。

先日財布を落としてしまった。

39年以上生きてきて財布を落とした経験もなく、失くす人の意味が分からなかったけど、もうそんなこと言える立場ではない。

結果を先に伝えると、その日の夜に財布は無事発見したが、落とす⇒気付く⇒凹む⇒仕事集中出来ないというサイクルが地獄だったので、時系列にまとめてみた。

通勤中に財布落とした

キャッシュレス化の浸透によって財布を持たないもしくは小さくする傾向にあるが、小さすぎるのも考えもの。

今回落とした財布は、夏に新調したdunnの超薄い三つ折り財布。

【dunn 3wings wallet 三つ折り財布】薄い財布より薄い!これがミニマリスト財布の最終形態か

いつものように家から最寄り駅まで自転車で向かい、駐輪場のチケットを財布に入れた。その日はジャケットを着ていて、駐輪場のチケットを財布に入れた後、財布をジャケットの内ポケットに入れる。普段はトートバッグのチャック部分に入れていたが、その日は何を思ったのか内ポケを利用したのが後の悲劇。

Photo by Andrea Natali on Unsplash

金曜ということもあり、電車に座ると眠気が襲ってきたが、寝過ごしそうなのでTwitterやKindleを見て過ごす。今日終わればやっと休みだー!土日は何食べようかな?そんなことも考えていた。

電車が職場の代々木駅に到着してホームへ降りた際、後ろから何かが落ちた音が聞こえる。

『ん?』
振り返ってみたものの、変わった様子はない。

自分かな?とポケットやらを触ったところ、ジャケットの内ポケットに入れた財布がない!え?ジャケットの内ポケから!?いや、もしかしたら、、そうこうしているうちに電車は閉まって発車してしまった。『発射するなら言ってよ』⇒『いや、言ったがな』なんてやり取り思い出す。思い出してる場合じゃないけど。

慌てて駅員さんに相談し、次や次の駅などに連絡してもらい捜査してもらったが見つからず……。

、、、さっきの音は完全に私の財布だったのだ。

財布を落としてから

駅員さんに教えてもらった東京都交通局の忘れ物センターに何度か問い合わせたものの、予想通り見つからない。あんな小さい財布が見つからなくて当然で、落とした自分が悪い……。

財布に入っていたのは、楽天銀行デビットカード、Kyashのカード、健康保険証、現金3万5千円。カード類は全て再発行として割り切っても、現金3万5千円は貧乏サラリーマンにとっては大金である。

嫁氏にも財布を落とした旨をLINEし、会社に着いてからはデビットカードの利用停止とKyashの保護、総務の人に保険証紛失の旨を説明。

当然ながら、その日は一日中上の空だった。何を話してても、何を食べても「あ、財布落としたんだ……」が、頭から離れない。今まで財布どころか落とし物さえしてこなかったのに、よりによって財布を落とすなんて。

警察にも事情を説明したが、心の片隅できっと戻ってこないだろうなと諦めていた。失ったモノが簡単に戻ってこないことは、これまでの人生を通じて何度も経験している。

その日はPASMOやLINE Payを駆使して乗り切り、現金も楽天銀行から使ってなかった口座に一部移した。家に戻ったら引き落としておこう、あ、財布どうしようかな……なんて考えながら、その日はやり過ごす。

財布発見!

週末ということ以上に財布を落としたモチベーション低下により、その日は定時早々にオフィスを出て帰ることに。

そして落とした駅のホームで、何を思ったのか、『もしかしたら下に落ちてるってことは??』と思い、落としたであろう場所をiPhoneのカメラで撮影する。

とはいえ、地下鉄で暗くて何が落ちているのかハッキリ見えない。『やっぱないか……』と、諦めて電車に乗り、再び動画を見返すと『あれ?これそうじゃないのかな?』という黒い物体を発見する。

慌てて代々木駅に引き返し、再び撮影すると、、、

あった!!まさかまさかの下に落ちてたパターン。駅員さんに落下物の説明をして取ってもらい、無事に財布が手元に帰還されたのだ!!!

絶望の金曜から歓喜の金曜に変わった瞬間である。嫁氏には弱音を散々LINEしたお詫びに、大量のコンビニスイーツを買って帰った。

 

まとめ:財布をもう一度考え直す

これまで小さい財布を試す中で、カードを厳選するようになっていた。

今回落とした財布に入れていたのは

  • 楽天銀行デビットカード(現金の引き落とし)
  • Kyash
  • 健康保険証
  • 現金(紙幣)

免許証に関しては、iPhoneの裏にsinjimoruのカードケースを付けて入れていた。

上記布陣で運用してきたが、今回の財布落としをキッカケに、再び構成を再検討することに。財布とは別に小物類を入れているポーチも仕事やプライベートで持ち歩いていて、その中にイヤホン、ミンティア、目薬、印鑑、マネークリップ、小銭入れなどの小物をまとめて入れている。

hmnyのミニ小銭入れをお釣り受取り用として使う

マネークリップには、会社近くの病院カードとマイナンバーカードを入れていたが、このマネークリップに健康保険証と楽天銀行デビットカードを入れても良いなと。

【再レビュー】STORUSスマートマネークリップは最高のマネークリップだった。使い方やメリット・デメリットをもう一度紹介する。

楽天銀行デビットカードを毎日持ち歩いているが、現金を引き落とすのは月に多くて2回。財布の中に常にないと困るカードではないのだ。それは健康保険証も同様。

あまり使ってないKyashとマイナンバーカードは自宅で保管することで、財布の中からカードが0に。となると、財布の中は紙幣だけになった。

紙幣を使う機会って、現金しか使えないランチ、飲み会、休日の外食など、誰かと食事する時だけ。買い物は極力通販で済ませ、定期券の購入もPASMOのアプリからで、普段の生活で1万円以上のお札を使う機会はメンズエステ店のみ。最近はイッてないけど。

一人でいる時はコンビニかカフェになるので、楽天ペイやPASMOなどの電子マネーしか使ってない。財布を落とした時に気付きましたが、今はiPhoneがあれば事足りる

ということで、必要でないカードはマネークリップか自宅に保管し、財布は紙幣のみ。また、紙幣に関しても三分の一のみ財布に入れ、残りはマネークリップに保管することで、万が一財布を落とした場合の被害を幾分か抑えてみよう。同時にジャケットやズボンのポケットには貴重品を入れないことも徹底。

財布を落としてから「やっぱりもう少し大きな財布を!」と、色々検討したが、当面は今回紹介した方法で運用予定。

追記:結局abrAsusの財布を購入した。

【abrAsus(アブラサス)レビュー】散々寄り道してミニマリスト御用達のabrAsus薄い財布を導入した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。