2回目の緊急事態宣言発令されたけど先手家 吉祥寺 (PONTEYA)でフルーツサンドを買った

緊急事態宣言再発令されて初の週末。1月7日に再発令されたばかりなので、翌日は影響ないだろうなと思っていたら予想通りだった。私が利用する都営大江戸線もいつもの朝で、他の路線も同様である。

出社は7割に抑えるよう依頼があっても、直ぐに対応できる(する気のある)企業は極僅か。私の会社もテレワークを許可しないことはないが、減給という「それなら出社したるわ!」な措置止まりだ。

緊急事態宣言が出て会社が『テレワークを許可するけど在宅なら減給ね』という脅しをしてきた

そして2回目の緊急事態宣言後初の連休。私はというと、嫁氏と犬君を一緒に吉祥寺へ行ってきた(おい)。理由は、昨年末にオープンしたフルーツサンド店【先手家 吉祥寺 (PONTEYA)】目的である。イートインではないので、サクッと買って帰ってくればいかという判断だ。

で、実際に吉祥寺へ行ってみると、前回の緊急事態宣言時に比べれば断然賑わっていた。行く度に大行列の吉祥寺さとう(メンチカツ目当てで行列出来ているけど、味はもの凄く普通)も変わらずに行列が出来ているし、サンロード商店街もそこまで変わらない。若い子達やカップルも何ら変わりなくいて、ラーメン屋さんも普通に人が入っていた。

我が家も出ていたので何も言える立場ではないが、2回目の緊急事態宣言は今のところ大きな影響はない。連休明けも出社7割減は全然届かない数値だと思う。逆の3割減が妥当なところではないだろうか。まあ、3割減なら「ちょっと電車空いてるかな〜」程度の感覚だ。

会社からの案内(テレワークなら減給)は絶望的な気持ちになったものの、今は完全に切り替えた。コロナ禍&40代突入の今年はいかに自ら生きていけるかの大事な一年なので、テレワークできるか否かどうかでグズグズしている暇などない。

吉祥寺に話を戻すと、目当ての【先手家 吉祥寺 (PONTEYA)】は連休ということもあって多くの種類を用意していてくれた。一番食べたかったストロベリーは売り切れていたものの、キュウイ、パイナップル、みかん、デコポンをゲット。

具がでっかい。食べてみると、ほぼフルーツだった。食べづらい程のフルーツが大きく入っていて、パンもクリームを味わう暇もなく口の中にフルーツが広がる。美味しかったけど、東急に入っている果実園リーベルのフルーツサンドのほうが美味しかったかな。

フルーツサンドだけではお腹いっぱいにはならないので、ステーキ屋松 吉祥寺店でステーキ丼240g、翌日のパンとして高級食パン「告白はママから」も買って帰った。ここ数年で高級食パンのお店が随分増えたな。どれも「高級」というだけあって美味しい。少し変わった店名にするのもブームみたい。

と、結局いつもの休日だった。多くの人にとってもそうだろう。これからも増え続けるコロナ感染者数に恐怖を感じつつ、何も変わらない日々が続いていく。私も情報に振り回されることなく、自分の生活に集中していこうと思う。

ということで、今から油そばを食べに行く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。