『一緒にビジネス始めて稼ごう!』と誘ってくる人よりもフルリモートの業務委託案件を探そう

来月にはどうなっているのかは分からないが、コロナ禍の厳しい経済情勢の中、本業の会社は何とか持ち堪え、業務委託案件も2件程頂いている。

実にありがたいことだ。

ただ、私自身は仕事できる人間ではない。サイト作っている最中にサーバーダウンさせた経験は何度もあり、デザインも「は??」っていうレベルで、アナリティクスに至っては何年見ててもよく分かってない。デキる人と言われる方に比べ、知識もスキルも経験も向上心も全て低いと自負している。

そんな私が定期的に案件を頂けるのは、お金が出てくる蛇口(フルリモートの業務委託案件)を貪欲に探しているから。内容によって『ちょっと経験ないけど……』という案件にも積極的に応募している。

業務に必要なスキルがあるなら、作業時に覚えてしまえば良いだけの話。



業務委託案件を請けている会社や案件の詳細は当然話せないが、“業務委託案件を請けている”という話は何人かにしてきた。それは自慢ではなく、『こういうサービス(サイト)使えば、プログラマーやエンジニア以外の案件もあるよ』という紹介。少しでもサラリーマン兼個人事業主仲間が増えて欲しいと考えての発言である。

転職する程ではないけど、少しだけお小遣い稼ぎたいという人は一定数いるはずだから。

created by Rinker
¥1,386 (2021/04/16 23:06:24時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、複数人に紹介して思ったのは、『皆やらないだろうな』だった。格安スマホがいくら価格破壊をしても、頑なに3大キャリアを使い続ける人がいるように、やっぱりやらない人はやらないのだ。

  • 会社にバレたら
  • 業務内容が微妙
  • 紹介してくる会社大丈夫?
  • 業務委託先を調べたら悪い噂が多かった

など、まだ訪れてないことを危惧して動こうとしない。

MEMO
勿体ないなーと思うと同時に、やらない人がたくさんいるから、私レベルの人間にも案件はある

Photo by Wes Hicks on Unsplash

やらない理由を探しているのだろうか。なんならメルカリですらやらない人が多い。結局は面倒なんだろう。その気持は分かる。責任が増えることや仕事時間外で仕事っぽい時間を使いたくないのは誰でも一緒。

でも、業務委託案件に応募すらしない人に限って『何か一緒にビジネスやらない?』と誘ってきがち。誰かの仕事ではなく、自分で仕事を作る』聞こえはいいけど、全然ピンとこないのはどうしてだろうか。それは『何か一緒にビジネスやらない?』というあやふやさで成功した人がいないからではないかと思う。いたら申し訳ないが、少なくとも私は知らない。

自分で作り上げることができれば最高だけど、そんなもん簡単に見つからないのだ。私も東日本大震災のあと、個人発で出来るビジネスを模索したが、結局動かなかった。

  • お金がない
  • 企画の詰めが甘い
  • 既に展開されてるサービス
  • 本業が忙しくて時間がない

などの言い訳ばかり。というより、その程度の気持ちだったのだ。リスクは取りたくない、でもお金は欲しい。その気持ちを誤魔化してくれるのが『一緒にビジネス始めて稼ごう!』の正体だ。

実際に動いても成功しなかっただろう。当時の私は本業もボロボロだったので、そんな人がサイドビジネスで成功する訳ない。

今は背伸びせず、自分に出来る範囲の作業と時間で最大化を考えるようになった。その結果が本業をキープしたまま業務委託案件を請けること。

言葉でいう程簡単ではないが、異なる企業の異なるやり方、案件を経験することで、良い意味での緊張感を味わうことができる。いつまでこの状態を続けるか(続けられるか)分からないが、少しでもお金に困らない状態を作っておこうかなと。

なので、本業を辞めるほどではない人で副収入が欲しい場合、下手な投資話や共同ビジネスなんて無視して確実に収益得られる業務委託を推奨する。

業務委託の内容や収益等につきましては、次回以降で話していく。

それではまた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。