お金のこと

昇給が見込めない会社員こそ副業で年収を上げるべき!直ぐに始められる副業も紹介します

11月 27, 2019

猫さん
給料が低くて仕事に対するモチベーションが上がらない

という声を聞く。

給料が低い理由は、所属する業界の給与水準が低い上司の求めるレベルに達していない会社の景気が良くない……などが考えられる。

医師や専門医、大企業の重要なポストや超実力主義の会社で実績を上げない限り、大幅な昇給を望むのは難しいだろう。

参考:職種別年収ランキング【2019年最新版】

求人票にはいいことばかり書かれているので、入ってみて『なんじゃこりゃ!』となるケースも少なくない。

[企業名 評価(口コミ)]でググって、過去に在籍したことある人の声を見ることも出来るが、実際は入社してみないと分からないのが実情かと。

給料低いと転職?

自分が思い描いた会社でないと気付いた時、『転職』が頭をよぎる。

もっといい条件の会社があるんじゃないのか?自分の価値はこんなものなのか?今この時間さえもったいないのでは?と考えるのは当然のこと。

でも、ちょっと待ってほしい。

その会社は、もしかしたら副業をしやすい環境かもしれないのだ。

  • 精神的に参っている
  • 会社の経営が従業員から見てもヤバい
  • どうしても転職して実現したいことがある
  • 激務で薄給

という方は会社から離脱すべきだが、”何となく転職したい”程度なら、現職を続けながら副業で年収を上げることに挑戦してみてはどうだろうか?

会社の悪口言ってる人は仕事が出来ない人が多い

仕事上でコレは!といった実績を残してない人こそ会社の悪口を言いがち。

でも、会社に在籍している。

言い方を変えれば、会社に来てそれなりに仕事するだけで、毎月一定のお金を頂ける。

その環境を手放すのは勿体なさ過ぎるのだ。

焦って転職し、今よりも激務で給料が下がる場合を考えると、転職すること=今の悩みや不満が全て解消するとは限らない。

また、一度ならず二度三度と続けると、逃げ癖がついてしまうだけでなく、30代に入ると(20代後半でも厳しい)転職のハードルが上がる。

『なぜ前の会社を辞めたんですか?』という質問に対する答えが見つからないなら、今の会社でやるべきことをしっかり行い、スキマ時間を作り出して副業に充てよう。

 

仕事を時短で終わらせる

副業をするには大切なことがある。

それは時間の抽出

会社員である以上、平日の9〜18、19時までは会社に拘束され、家に帰って家事や育児に追われる方もいるだろう。

私は犬の散歩があるので、帰ってから副業に割ける時間は2時間程。

朝早く起きて時間を作れればいいのだけど、正直眠いし面倒。

ならば、仕事中に副業時間を抽出する必要が出てくる。

そのためにはどうすればいいか?

答えはシンプルで、仕事中に副業を行うことだ。

ココがポイント

与えられている仕事やタスクなどをした上でという意味で、一日中何もしないのはNG

仕事中に副業時間を捻出するには時短術が必要になる。

また、会社の人とランチに出かけない、上司の無茶な要望には応えない、仕事のスケジュールを詰めすぎないことも心がけよう。

 

欲言えば仕事をブラックボックス化

可能であれば、自身の仕事をブラックボックス化させられる環境に身を置くことをオススメする。

周囲から『あの人普段何してるんだろ?』と思われる環境なら、副業に割ける時間が確保しやすくなるからだ。

実際に私は不動産会社に勤務しているが、Web担当は私のみということで、細かい作業はチェックされてない。

何をするにしても『少々お時間いただきますね』と、スケジュールを緩く見積もり、副業時間を作るようにしている。

ココに注意

ブラックボックス化に向かない職種は、営業、接客業、清掃業などの非インターネット環境の方

念には念を入れ、副業に関しては自分のPCで行う。

さらに、もしもに備え、自分のPCには覗き見防止フィルターも装備。

万全の副業体制を構築しているのだ。

とはいえ、本業を疎かにすることはない。

その日実施予定の業務はしっかり行なっている。

Web回りを一任しているので、GA分析、広告管理、製作中のサイトやLPの進捗管理、新規プロジェクトの打ち合わせなど、午前中〜お昼過ぎ頃までは鬼のように作業して過ごす。

そして、余裕が出来た時点で徐々に副業タイムへ。

ブログの更新、外部ワーク(リモート)、クラウドワークスの案件、メルカリの出品管理など。

日によって行うことは異なるが、いずれもパソコンとネット環境さえあれば出来ることばかり。

ココに注意

副業OKな会社でも、本業時間内中に副業がバレるのはNGです。周囲の視線が集まりやすい席を使ってる方は注意しましょう。

理想は、オフィスの端や少人数しかいない部屋に配置されること。

求人等で『初めてのポジションです!』と、出ていたら大きなチャンスと見て良い。

Image by Oberholster Venita from Pixabay

 

始めやすい副業は?

今回紹介した方法は、会社で昇進を狙うギラギラした方には向いてない。

あくまで、辞めるほど会社が嫌ではなく、若干社内ニート気味な方への副業提唱となる。

また、都合いいこと言えば、Web関連の仕事をしている人にとっては、副業が本業に好影響を与えることも。

サーバー回り、WordPressに関すること、SEO対策、デザイン、キーワードチェック、トレンドへの反応などなど。

副業を探している方には、Another worksというサービスがオススメ。

Another worksは、複業をしたい方と複業人材を採用したい企業を繋ぐマッチングプラットフォームで、登録&利用料も無料で複業先を自由に探すことができる。



外出する機会がある方には、【これ買って】も。

こちらは、テレビや雑誌で紹介されたモノや、以前旅行した先で購入して気に入ったモノなど、 そこでしか買えない地域限定商品等を在住者や旅行者にお駄賃1000円で購入依頼できるサービス。

1件そのものの単価はそこまで大きな金額ではないものの、人気品を直ぐに手に入れられる環境なら始めて損はない。



まとめ

最近は会社以外でもお金を稼ぐサービスが増えてきた。

会社に対する不満を言っている暇があるなら、その労力を副業に使ってみてはいかがだろうか?

それでは今回はここまで。

-お金のこと
-,

Copyright© 老い時々晴れ , 2020 All Rights Reserved.