投資未経験の人がすべきことは負けない投資。iDeCoとつみたてNISAでコツコツと老後資金準備を

10代の頃、勉強することが苦手でした。

20代の頃、幾つかのアルバイトを経て正社員になるも入社した会社は薄給で、同世代の平均額には届きません。ただ、実家暮らしということもあり、欲しい物は何でも買ってしまう浪費癖が出てきてしまいました。その結果、給料日前の預金残高は常に1万円以下という高校生にも負ける残高を記録。

30代に入って仕事の幅を広げ、ようやく平均を越えたかどうかという収入を稼ぐようになりました。

2018020813135220180208131352

何が言いたいのかと言えば、つい最近までクソ貧乏でした。

iPhoneはボーナスなどの大きな収入がなければ買えず、それ以外も1万円以上する買い物はリボ払いという金ない人あるあるな行動をしてきました。

30代後半になって収入も多少上がり、物欲が収まったことで、ようやく先のことを考え始められるようなったところです。

遅いですね、はい。

老後不足するのは2000万円どころではない

最近だと「老後2000万円問題」ばかりが話題になってますが、個人的には2000万円どころではないだろうし、老後の全てを国に頼っている時点でアウト。

100年時代生きるには2000万円足りない?金融庁の試算公表はお金と資産形成を真剣に向き合うチャンス

私も出来ることから始めていて、コツコツ貯める(節約)&年金受取期間を極力遅らせる健康体を目指すべきことが現実的かなと。

  • 節約 → メイン口座管理の管理は妻にしてコツコツと貯蓄中
  • 健康 → 脂っこい食事は頻度を控えて適度な運動

ただ、それだけでは不十分なのも分かっています。そこで投資。全く知識がないので関連書籍を読んできましたが、勝つ投資よりも負けない投資とも言えるiDeCoつみたてNISAに辿り着きました。

created by Rinker
¥1,681 (2020/05/26 14:32:03時点 Amazon調べ-詳細)

インデックス投資と言われるやつです。

  1. 手間いらず
  2. ローリスク
  3. 低コスト

一攫千金のような夢はありませんが、とにかく堅実に。

iDeCoつみたてNISA

昨年SBI証券で口座を開いて始めてましたが、色々な方のアドバイスを参考に楽天証券で口座を作りました。証券会社で口座を開くのが面倒だなと思ってましたが、想像以上に簡単でした。時間はかかりますけどね。

運用は毎月約3万円ぐらいから始めようと、2.3万円はiDeCo、1万円はつみたてNISAかなと。余裕あればつみたてNISAの金額も増やしていきたいです。

普通に銀行口座に貯金していくのではなく、強制貯金のような仕組みを作ることができました。

あとは仕事だなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です