映画

[ネタバレなし]映画【マスカレード・ホテル】あらすじ・キャスト・感想 | 豪華キャストほど内容は濃くありませんでした。

投稿日:1月 20, 2019 更新日:

東野圭吾脚本で木村拓哉主演の映画【マスカレード・ホテル】を観てきました。小生が注目している浜辺美波さんも鑑賞されたようですね!

以下あらすじ、キャスト、感想という順番で書いていきます。

映画【マスカレード・ホテル】あらすじ・キャスト・感想

あらすじ

現場に不可解な数字の羅列が残される殺人事件が3件発生する。警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数字が次の犯行場所を予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が起きると断定する。だが、犯人の手掛かりが一向につかめないことから、新田が同ホテルの従業員を装って潜入捜査を行う。優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)の指導を受けながら、宿泊客の素性を暴こうとする新田。利用客の安全を第一に考える山岸は、新田に不満を募らせ……。

原作はこちら

キャスト

木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、松たか子、鶴見辰吾、篠井英介、石橋凌、渡部篤郎

凄い豪華なキャストですよね。

感想

正直なところ微妙でした。もう一度観たいとは思いません。

イマイチだったポイントを挙げると・・・

①ポスターの「犯人はこの中にいる?」という程犯人候補がいなかった

濱田岳、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、生瀬勝久、橋本マナミ、田口浩正は、こういう客もいるという演出のためだけで、今回の殺人事件には全く関わってません。あとは警察、ホテルのスタッフを除くと…ある程度犯人は限定されますよね。

犯人を知った際「えええ~!?」とはなりませんでした。今回記事タイトルを【ネタバレあり】にしなかった理由も、別に知っても何とも思わなかったからです。

②3つの殺人事件の紹介が雑

今回の犯人と同一人物ではないので、「そうか!だからか!!」というようなスッキリ感もなく、ただただ「へえ」といった感想です。デスノートのように公開前にネットで【エピソード0】として、3つの殺人事件を細かく見せてほしかったです。劇中でさらっと会話の中で登場してますが、どの事件もピンとこなかったので、話が頭の中で整理できないまま進んでしまった印象でした。

この映画は複数に分けたら面白い作品ではないかなと。又吉直樹の【火花】も映画版はグッドきませんでしたが、ドラマ版の火花は最終回号泣する程によかったので。

③キムタクと松たか子のやり取りが切ない

これはイマイチというより寂しさに近い感情です。ロングバケーション、ラブジェネレーション、HEROと両者の共演を観てきたこともあり、最後のやり取りシーンを見ていて二人共老けたなぁ・・・としみじみ感じました。特にキムタクは現在FODで“【木村拓哉祭り】映画最新作公開記念”で、HEROやプライドなどの作品を見れるので、お正月に一気に見ていたこともあり、より老けたなぁと感じます。

まとめ

潜入捜査の作品は好きですが、この映画はダメでした。面白いと感じる人もいると思いますが、私はオススメしません。長澤まさみは相変わらず綺麗だけど。

このキャストを揃えることができるなら、ゲームの【JUDGE EYES:死神の遺言】実写版が見たかったかなと。全然東野圭吾関係ありませんが笑

-映画
-, , ,

Copyright© Web時々リアル , 2019 All Rights Reserved.