経済・仕事

MAXHUBはテレワーク助成金の対象機器!コロナショックの今だからこそ、MAXHUBを導入して、テレワークを加速させてみませんか?

ナイスモバイル株式会社(本社 長野県松本市)が販売する「MAXHUB」は、厚生労働省発表の「新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース 」においてテレワーク用通信機器の対象となる製品です。

コロナ対策としてテレワークやリモートワークに踏み切った企業様は多いでしょう。
MAXHUBは効率的なテレワークを加速させるオールインワンのミーティングボードです!

厚生労働省から発表された「新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース」の助成金対象で、申請が通った場合、MAXHUBを導入いただく際に最大100万円の助成を受けることが可能となっております。

「新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース」とは
①令和2年2月17日〜5月31日にテレワークを新規で導入し、実際に実施し労働者が1人以上いること
②テレワーク用の通信機器(WEB会議用機器、社内のパソコンを遠隔操作するための機器、ソフトウェアなど)の導入・運用
などを条件に対して、100万円を上限に対象経費の1/2の助成金が支給されます。
MAXHUBは②のテレワーク用の通信機器に該当いたします。
(※対象企業の資本金・従業員数に制限がございますのでご注意ください。詳しくは厚生労働省の公式アナウンスをご参照ください。)

過去にはこの助成金を利用してMAXHUBをご購入いただいたお客様もいらっしゃいます。

この機会に、ぜひMAXHUBをご導入してみてはいかがでしょうか?

製品紹介ページ→https://nicemobile.jp/product/
厚生労働省の助成金に関するページURL
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

MAXHUBの製品詳細
MAXHUBは電子黒板、プロジェクター、ホワイトボード、WEB会議システムを一体化した製品です。

【MAXHUBの機能を動画で解説】

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=uWzduo93yHA

【テレワーク、WEB会議に適した機能を装備】

高品質なビデオ通話、リモートでもできる画面共有、高画質カメラと6つのマイクでテレワークによる高品質なWEB会議を実現

 

【追従性はトップクラスの書きごこちを実現】

超薄型パネルで、視差が小さく、ペン先と表示が一致。筆圧感知とAGガラスでまるで紙に書いているかのような書き味です。
紙と鉛筆、黒板とチョークをイメージした書きごこちを実現しています。

 

【カメラと6つのマイク、高機能スピーカーが搭載】

高解像度カメラと集音調整、ノイズキャンセリングが可能な6つのマイク、原音を忠実に再現する高性能スピーカーでクリアな画質と音質を実現しています。
これまで聞き取りずらさがあったWEB会議を一新させます。

 

【資料の保存や共有が簡単】

MAXHUBを使って会議をした際の会議記録をQRコードで管理できます。
ボード上に表示されたQRコードを各自のスマホで読み取るだけで、簡単に会議の画面を保存することが可能です。

 

【双方向表示と操作が可能】

MAXHUBの最大の特徴として、双方向で表示・操作が可能です。
MAXHUB上で専用のタッチペンで書き込んだメモはそのままPC上の資料にも同時に書き込みされます。

 

【ワンタッチでPCの画面を投影できる】

AXHUB専用のワイヤレスドングルをPCに接続し、ワンタッチするだけでMAXHUBにPCの画面が投影されます。
ワイヤレスで複雑なケーブル操作も要りません。

より詳しくMAXHUBの製品を確認→https://nicemobile.jp/product/

お問い合わせ先
ナイスモバイル株式会社
〒390-1241 長野県松本市新村2272
TEL:0263-87-2298(平日9:00~17:00)
お問い合わせフォーム:https://nicemobile.jp/contact/

-経済・仕事
-, , , , ,

Copyright© 老い時々晴れ , 2020 All Rights Reserved.