隠蔽国家!「週刊文春」完売号のスクープ記事を全文無料公開 森友自殺職員の遺書公開「買えなかった」「読めなかった」の声に応えて

株式会社文藝春秋(本社:東京都千代田区、中部嘉人社長)は、完売となった「週刊文春」3月26日号の記事、「妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」を文春オンラインで全文公開します。

3月18日の発売直後から大きな反響を呼び、2017年7月13日号以来の「完売」となったため、「買えなかった」「読めなかった」という声が数多く寄せられていました。

当該記事は、『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』の著者である相澤冬樹さんのスクープです。

加藤晃彦編集長のコメント
「週刊文春」3月26日号は、おかげさまで完売となりましたが、「買えない」との電話を多数頂き、編集部として心苦しく思っております。そこで、相澤冬樹さん(大阪日日新聞記者)が執筆された「森友自殺 財務省職員 遺書全文公開」と赤木俊夫さんが遺された「手記」の合計12ページを、文春オンラインで無料で全文公開させていただくことといたしました。
発売中のメイン記事を無料で全文公開するのは、初めてのことです。完売により、記事を読みたい方が「週刊文春」を入手できない状況にあること、また赤木さんの遺された言葉をできるだけ多くの方に読んでいただきたいとの思いから、著者の相澤さんに全文公開を提案したところ、ご快諾をいただきました。
真面目な公務員だった赤木さんに何が起きたのか。ご遺族はなぜ「遺書」を、相澤さんに託したのか。ぜひ、多くの方に読んでいただきたいと思います。
また、「週刊文春」4月2日号では、相澤氏による続報「検察が握り潰した極秘ファイル 森友財務省担当上司の『告白』 『8億円値引きに問題がある』」を掲載いたします。

(3月18日発売)より
妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 「すべて佐川局長の指示です」

「すべて佐川局長の指示です」――森友問題で自殺した財務省職員が遺した改ざんの経緯【森友スクープ全文公開#1】
https://bunshun.jp/articles/-/36818

「まさに生き地獄」――55歳の春を迎えることなく命を絶った財務省職員の苦悩【森友スクープ全文公開#2】
https://bunshun.jp/articles/-/36819

「トシくんは亡くなって、財務局は救われた。それっておかしくありませんか?」財務省職員の妻が提訴した理由【森友スクープ全文公開#3】
https://bunshun.jp/articles/-/36820

自殺した財務省職員・赤木俊夫氏が遺した「手記」全文【森友スクープ全文公開#4】
https://bunshun.jp/articles/-/36821

(3月26日発売)より
「8億円値引きは問題だった」森友事件 売買担当者が赤木さん妻に告白していた
https://bunshun.jp/articles/-/36823

 

酷すぎる

《元は、すべて、佐川理財局長の指示です。(中略)学園に厚遇したと取られる疑いの箇所はすべて修正するよう指示があったと聞きました。

佐川理財局長の指示を受けた、財務本省理財局幹部、杉田補佐が過剰に修正箇所を決め、杉田氏の修正した文書を近畿局で差し替えしました。

第一回目は昨年2月26日(日)のことです。

当日15時30分頃、出勤していた池田靖統括官(注・赤木俊夫さんの直属の上司で、問題の国有地取引の実質的責任者)から本省の指示の作業が多いので、手伝って欲しいとの連絡を受け、役所に出勤(16時30分頃登庁)するよう指示がありました。》

これ事実なんでしょうね。

あっけらかんと修正作業を行い、差し替えを行った

《その後の3月7日頃にも、修正作業の指示が複数回あり現場として私はこれに相当抵抗しました。

(注・近畿財務局の)楠管財部長に報告し、当初は応じるなとの指示でしたが、本省理財局中村総務課長をはじめ田村(注・嘉啓)国有財産審理室長などから楠部長に直接電話があり、応じることはやむを得ないとし、美並近畿財務局長に報告したと承知しています。

美並局長は、本件に関して全責任を負うとの発言があったと楠部長から聞きました。

(中略)本省からの出向組の(注・管財部の)小西次長は、「元の調書が書き過ぎているんだよ。」と調書の修正を悪いこととも思わず、本省杉田補佐の指示に従い、あっけらかんと修正作業を行い、差し替えを行ったのです。

(大阪地検特捜部はこの事実関係をすべて知っています)》

臭いものに蓋というやつですね。

赤木俊夫さんは不正な改ざんに反対し、上司の楠敏志管財部長もいったんは同調したものの、財務省理財局の中村稔総務課長(現・イギリス公使)らが圧力をかけ覆したという流れです。

最後は近畿財務局トップの美並義人局長(現・東京国税局長)が「全責任を負う」と述べゴーサインを出して修正されました。

大阪地検特捜部はすべてを知っていたものの、全員不起訴にしたようです。

《これが財務官僚機構の実態なのです。

パワハラで有名な佐川局長の指示には誰も背けないのです。

(中略)杉田補佐などが過剰反応して、修正範囲をどんどん拡大し、修正した回数は3回ないし4回程度と認識しています。》

一度修正を行えば、あとはもう麻痺して複数回行なってしまったのでしょうね。

《役所の中の役所と言われる財務省でこんなことがぬけぬけと行われる。

森友事案は、すべて本省の指示、本省が処理方針を決め、(中略)嘘に嘘を塗り重ねるという、通常ではあり得ない対応を本省(佐川)は引き起こしたのです。

この事案は、当初から筋の悪い事案として、本省が当初から鴻池議員などの陳情を受け止めることから端を発し、本省主導の事案で、課長クラスの幹部レベルで議員等からの要望に応じたことが問題の発端です。

いずれにしても、本省がすべて責任を負うべき事案ですが、最後は逃げて、近畿財務局の責任とするのでしょう。

怖い無責任な組織です。》

ここまで大きな問題でも尻尾切りで済ませようとするクソ組織……!

最後の手記に全ての想いが込められています。

《◯刑事罰、懲戒処分を受けるべき者

佐川理財局長、当時の理財局次長、中村総務課長、企画課長、田村国有財産審理室長ほか幹部

担当窓口の杉田補佐(悪い事をぬけぬけとやることができる役人失格の職員)

この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。

事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。

今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。(55歳の春を迎えることができない儚さと怖さ)

家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。

私の大好きな義母さん、謝っても、気が狂うほどの怖さと、辛さこんな人生って何?

兄、甥っ子、そして実父、みんなに迷惑をおかけしました。

さようなら》

切なすぎます……。

少しでも多くの方に知って頂きたいので、今回文春の公開記事をシェアすることにしました。

コロナウイルスの話題ばかりでニュースになってませんが、これは無視してはいけないことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です