体験したこと

【喫煙歴20年以上】ヘビースモーカーの禁煙ステップ①mybluと禁煙ウォッチアプリの導入

12月 3, 2019

禁煙者が大嫌いなタバコの話。

未成年の頃から吸っていたので、喫煙歴は20年以上になる。健康面を考えれば辞めるべきなんだけど、つい吸ってしまうのがダメ人間たる所以。

婚活市場では『喫煙者はNG』という人も多く、『喫煙者は採用しない』と宣言する企業も出始めた。また、飲食店では少し前より全館禁煙の店舗が出始め、今では喫煙できる店舗が珍しくなっている。喫煙者の溜まり場であるルノアールでさえ、来年2020年4月より全面禁煙になるという。

参考:ルノアールで来春から「紙巻きたばこ」禁止 直営店を全面禁煙か完全分煙に

禁煙者のタバコ嫌いも理解できる。未だに路上で歩きタバコをして道路に捨てているバカもいるし、喫煙者は多かれ少なかれ臭い。また、タバコの匂いは私も嫌いだ。服につくとテンションが下がる。そこにきてこの禁煙ムード。果たして今、タバコを吸う意味などあるのだろうか?口が寂しいから?リフレッシュ?それなら他の手段でもあるだろう。

そうなってくると、頭に出てくるのは禁煙の二文字(ひらがな4文字)。一箱500円程になるので、この機会を利用して禁煙に挑戦してみようかと思う。思うというよりする。とはいえ、いきなり0にするのもストレスなので、まずはニコチン&タール0のmybluで紙タバコを辞め、徐々に吸わないことに慣れていくことにした。

また、同時進行で禁煙ウォッチも導入して金銭面と健康面で意識を変えてみたい。

禁煙ウォッチ - 禁煙時間が一目でわかる!禁煙アプリの決定版!

禁煙ウォッチ - 禁煙時間が一目でわかる!禁煙アプリの決定版!

Isao Miyagawa無料posted withアプリーチ

とまあ、それらしき言葉でまとめてみたものの、本音は

チューニ
タバコ代がしんでぇえええええええええええどい

である。2日に1度のペースで約500円程のタバコを買っていので、ひと月に500円×15=7,500円もタバコ代に消えている事実に萎えてきたのだ。また、タバコはコンビニで購入する機会が多く、その度に買わなくてもいい飴なども調子に乗って買ってしまうので、無駄遣いを自生する役割もある。つまり7,500円以上の節約に繋げることが出来るのだ。

浮いたお金は、つみたてNISAかLINEのワンコイン投資でもいい。元々毎月タバコを吸うためにかかっていたコストである。

ということで、今持っているタバコ(残り10本)が吸い終わり次第、mybluへの切り替えを実行し、禁煙モードへ切り替えていく。

禁煙状況についてはTwitterで随時発表することにした。乞うご期待。

-体験したこと
-,

Copyright© 老い時々晴れ , 2020 All Rights Reserved.