自分株式会社としてサラリーマンも副業の1つとする

2020年にコロナが生活を脅かすようになってから、多くの人が強制的に今までの働き方を見直すことになった。仕事を辞めることになった人もいることだろう。まだ大きな打撃を受けていないサラリーマンも、ここまでの景気悪化を目の当たりにすれば、何もしないというのは危険しかない。

Photo by Laura Davidson on Unsplash

副業は簡単ではない

そこで多くの人が考えるのが副業。週刊SPAなどには多くの『これで成功した!』エピソードが綴られていたり、副業関連の書籍も目立つようになっている。こういう情報を鵜呑みにしてはいけない。経験から述べると本業で成果を残せていない人は、副業でも恐らく結果は出ない。副業なんて聞くと『簡単に楽してできそう!』なんて考えがちだが、実際はそこまで優しくはなく、成果が出るまでは一定の期間を要して当然。既に収益を得ている人の例が誰にでも当てはまることではない。

多くの副業関連本を見てきたが、どれも

  • 行動しろ
  • 旗を振れ
  • 発信しろ
  • コンテンツを作れ

のいずれかで、実際に何もない人が始めるのは難しい。勿論何をするにも一歩を踏み出さないと始まらないので、始める前から批判するのも少し違うけど。最初からブーブー言って恐縮だが、まずは簡単に稼げないという事実を知り、その上で効果的だなと思うことを述べたい。

それは、働く会社を増やすという選択肢。要は当ブログで何度もお伝えしている業務委託契約を勝ち取ろうということ。

『一緒にビジネス始めて稼ごう!』と誘ってくる人よりもフルリモートの業務委託案件を探そう

 

副業なんて簡単には見つからない

私も東日本大震災以降、それまで同じよう考えでは今後生き残れないと考えて試行錯誤したものの、如何せん既存のビジネスしか浮かばなかった。“好きなこと!”と言うほどの強烈な趣味や武器はなく、ただ毎日を何となく過ごしてきたので当然といえば当然だ。

ようやく光が見えたのはブログだった。自分が編集とライティングを行い、それで収益を得るという(当時の私にとっては)夢のような世界。一時的に収益多めの時期もあったので、やや成功といったところか。継続性はなかったものの、情報を掴みに行く癖がついた。

はてな互助会が楽しかった理由

ブログ飯の終焉と共に振り出しに戻った副業探し。行き着いたのが、普段の業務を社外で行ってしまえばよいのではないか?ということ。勿論簡単なことではない。時間的な縛りもあるし継続性という意味では微妙かもしれない。それでも、2018年頃から動くようになった。具体的には業務委託での求人探し。

 

業務委託案件は確実に増えている

動いて分かったのは自分のニーズはあまりないという厳しい現実。

プログラマー、エンジニア、デザイナーに比べると、WEBディレクターなどの案件は業務委託と言えどフル参加を求められたり、もの凄い大きなサイトを運営していたり、多くのスタッフを管理していたりなどの、誰が見ても分かる経験が自分にはなかった。

そこで失礼な言い方をすると、応募企業のレベルを下げることした。私の場合は「とりあえずWebに強い人来て!」というレベルの企業だ。その狙いは的中した。元々業務委託が何をやっていようがブラック企業だろうが関係なかったのだ。

高卒フリーターから就職までの道のりと年収600万円を超えるまでの軌跡

私だって可能であれば好きなことというヤツでメシを食べていきたい。が、楽することばかり考えてきたので仕方がないと割り切った。最低限の好きなこと(家族と平和に暮らし、美味しいもん食べてサッカー見て、時々メンズエステも行って、iPhoneも買って……程度)のために銭を得ようという考えだ。

また、業務委託案件に応募するようになった理由はもう1つある。それは、自分自身が大企業に属することや会社内でリーダーとなることが想像できなかったから。中小企業でも評価次第で年収600万円超えは可能だけど、800万円、1000万円以上稼ぐのは到底無理である。

年収600万円でお金持ちとは呼べないけど、暮らしを変えるきっかけにはなる

本業1つでは難しいなら、何か加えないといけない。体は1つしかないので接客業や運送業などを除外すると、よりすべきことが鮮明になり、業務委託案件にひたすら応募するということを繰り返した。そして今に繋がる。今では本業ですら「副業」の1つという認識だ。

図々しい考えだが、普段の作業優先順位は業務委託⇒本業としている。フルリモートの業務委託で必要なのはフットワークも必要なので、レスも作業もなるべく早めに返すのが良い。会社内で私が副業をしていても誰も気づかないというのも好都合である。ポジションは本当に大事だ。

窓際族は副業するチャンス増加!社内評価よりも社外評価を高めたほうが収入アップするかもよって話

 

まとめ

まだまだ終息しないコロナの影響を考えれば自己防衛は必須で、会社も副業の1つと認識し、色々なことに突っ込んでいく勢いは持っておきたい。

created by Rinker
¥1,568 (2021/02/28 00:21:35時点 Amazon調べ-詳細)

↑これはあんまり参考にならなかった(;・∀・)

 

参考になったのはmoto氏のこちら。

「自分を会社として」という考え方が物凄く腑に落ちた。まだの方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。