働き方

テレワークで仕事をして感じたメリット・デメリット

オイちゃん
早くコロナウイルスが終息して欲しいオイちゃんだよ

我社でも2週間前から”テレワーク可”というルールが生まれました。

”可”としているのは、「会社に来てもいいし、自宅で作業してもいい」という選択制を意味します。

私の会社は不動産業ですので、全業務をテレワークにするのは難しいところですが、自宅待機しているお子さんがいるスタッフもいることで、今回の決断に至った模様。

こういうポジティブな変化は嬉しいことですね。

勤務時間は変わらず規定通りで、場所はどこでも構わないとのこと。

自宅、カフェ、コワーキングスペース。

電源とWiFiが使えるお店も増えたことで、外でも作業しやすくなりましたね。

打ち合わせ相手と予定していた面談等も相手からZoomやSkypeを要請されたこともあり、対面する機会はめっきり減りました。

こういう時だからこそ新しい働き方を受け入れ、実践していくべき。

私も業務のほとんどがWebで完結することなので、ルールが出来た翌日からテレワークに移行しました。

そして2週間が経過しました。

今、私はオフィス勤務に戻ってます。

会社から「会社で仕事するように!」とも言われてません。

では、なぜテレワークを止めたのか?

テレワークのメリットはなかったのか?

この記事では、私がテレワークで仕事をして感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

今後テレワークで仕事をする人、テレワーク制度を導入しようと考えている経営者の参考になれば幸いです。

Photo by Goran Ivos on Unsplash

 

テレワークで仕事をして感じたメリット・デメリット

テレワークで仕事をして感じたメリット

メリット

メリット①通勤時間がなくなるので時間に余裕が生まれる
メリット②マスクの使用を抑えることができる
メリット③昼寝ができる
メリット④会社の人との関係性がよくなる

順に説明していきます。

メリット①通勤時間がなくなるので時間に余裕が生まれる

Photo by diGital Sennin on Unsplash

一番の大きなメリットはやはりコレでした。

最寄り駅が始発駅なので満員電車でもストレスなく乗ることが出来ますし、帰りもそこまで激混みではありません。

単純に行き帰りの時間、その準備に使う時間が0になったことで、時間に余裕が生まれました。

朝は通常10時ですが9時から作業し、夕方の18時には終わらせることが可能に。

会いた時間は家事の手伝いや犬君の散歩時間の拡大、寝る時間が早くなったなどのメリットだらけです。

また、家着のままで一日を過ごせることは楽しかありません。

 

メリット②マスクの使用を抑えることができる

まだコロナウイルス騒動が始まる準備したマスクの在庫が怪しくなってましたが、家から出ないのであれば付ける必要はありません。

当然マスクの在庫は減らず、消費を抑えることができました。

それにしてもマスクはいつ通常価格で買えるのでしょうか……。

 

メリット③昼寝ができる

会社は休憩スペースがないため、寝る場合はデスクでしかありませんが、何となく「あれ?この人サボってんじゃね?」という雰囲気になります。

私は外で外食することが多いので寝る機会さえなく、午後はメガシャキを飲んで耐えてきましたが、寝たい時は寝るに限りますよね。

頭の中をリフレッシュさせるためにも軽く寝て仕事するのが正解です。

どんなに寝ても誰にも怒られませんし、寝た分の時間を仕事に使えば良いだけ。

お陰で食後の睡魔と戦う必要がなくなりました。

 

メリット④会社の人との関係性がよくなる

Photo by Austin Distel on Unsplash

これは完全に予想外でした。

普段仕事中に話す機会のない人ともLINEやチャットワークでやり取りする機会が増え、会っている時よりも良好な関係を築けているのです。

メインは仕事のことですが、要件が済んだ後に面白いニュースのリンクを送り合ったりして、普段なら考え難い語尾に「笑」や「ww」などが使えるほどカジュアルな関係になりました。

人間関係を良好にする原因がどこに眠っているのか分かりませんね。

 

テレワークで仕事をして感じたデメリット

デメリット

デメリット①抜いてしまう
デメリット②時間の使い方が下手
デメリット③働くのが嫌になる
デメリット④ニートのような生活になってしまう

元々ダメ人間なので、緩い環境を与えられるとダメになることは予想してました。

順に説明していきます。

 

デメリット①抜いてしまう

嫁は日中パートに出ているので、家にいるのは私と犬君と猫さんのみ。

犬君と猫さんは日中爆睡するので、仕事をすることには問題ありません。

ただ、ネットを見てるとやっぱりFANZA見ちゃうよねー。

テレワーク初日に最初に行なったのが自己処理でした。

中2かよ!!って早さですね。

最近ではSODもやってくれました。

未だに混んでてまとまに見れてませんが、こういう誘惑に勝てた試しがありません。

step
1
抜く

step
2
疲れる

step
3
寝る

step
4
腹減る

step
5
眠くなる

step
6
寝る

step
7
絶望の夕方

この繰り返しでした。

分かっていても止められないのが人の性。

 

デメリット②時間の使い方が下手

打ち合わせ含む外出は普通にあり、午後から会社へ行ったり企業へ行ったりしてました。

1社目から2社目まで時間がある場合、カフェ行くか会社に戻ってましたが、効率的に時間を使えている感覚はありません。

日によっては、自宅作業→打ち合わせ→会社→打ち合わせ→カフェ→打ち合わせ→会社という感じで移動ばかりの日が発生し、『それなら最初から会社にしておくべきでは?』と感じる日も多かったです。

 

デメリット③働くのが嫌になる

クズの本懐ですね。

忙しくない日はサボりたくなります。

アマゾンプライムビデオで鬼滅の刃を数話見てから仕事しよう!と決めても、鬼滅の刃の興奮が収まらず、そのまま何もしない日も数日発生しました。

その結果、やらなければいけない仕事が後回しになって後日焦るというオチです。

何度も『このまま仕事辞めたいなぁ』って考えました。

同時に業務委託の人やフリーランスの人は偉いなと関心したのです。

 

デメリット④ニートのような生活になってしまう

デメリット③と似てますが、業務時間だけを守ればよくなった結果、夜更し→寝坊する生活になりました。

深夜2、3時までダラダラと起き、朝は10時以降の起床、朝飯なのか昼飯なのか分からない時間の食事、たっぷり確保した仮眠時間……。

何かに似てるなぁって考えたら、ニートでした。

規則正しい生活を送れないとダメ思考が加速し、食べたくもない脂っこい食べ物の摂取、あまり興味ない作品で抜いたりと、自分に対してとことんルーズになってしまうのです。

こんな感じで働いていたらダメになるなと考えました。

そこで、憧れのテレワーク生活は10日も持たずに自分で終わらせたのです。

 

まとめ:テレワークは時間の使い方が下手な人には向いてない

約10日間実践して気付いたのがコレです。

私は時間に縛られない=自分が楽するためだけと勘違いしていました。

時間に自由な分、より時間の使い方が大事なことを知る機会となったのです。

今回の反省を踏まえ、次回はルールを決めて実行することにしました。

  • 無駄な打ち合わせはしない
  • Web会議の利用等で移動時間を増やさない
  • タスク管理の徹底
  • 情報共有の徹底
  • 規則正しい生活
  • 抜くのは適度なペースで

など、どれも難しくありません。

時間管理やタスク管理を徹底し、一日を効果的に使っていきます。

ということで、今週後半から再度テレワークで仕事をします。

今回は関係会社にも事前に知らせているので、無駄な電話も避けられそうです。

今度はどうか上手くいきますように……!!

それではまた!

-働き方
-, , , , , ,

Copyright© 老い時々晴れ , 2020 All Rights Reserved.