テレワーク(在宅勤務)で集中して仕事を行う方法をまとめて紹介

新型コロナウイルスの影響で、テレワークを実施した経験ない企業もテレワークを導入するようになった。とはいえ、いきなりテレワークするように指示されても、『え?何すればいいの?』という悩みが出てくるだろう。また、普段のオフィスワーク比べて緊張感に欠けることで、テレワークに慣れてくるとダラダラしがち。

私もそうだった。

テレワークで仕事をして感じたメリット・デメリット

自己管理能力が乏しい人は、マイナス面が浮き彫りになる場合もある。ただ、昨日の緊急事態宣言により、再度テレワークとなったことで、飽きるなんてことは言ってられない。今回こそ無事に完遂できるよう、前回の反省を活かすつもりだ。

Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

この記事では私の経験から、テレワークで集中して仕事を行う方法を書いていく。テレワークのしくじり先生だと思って見ていってほしい。

  • 既にテレワーク実施済みだけど仕事が捗らない
  • 在宅勤務がしんどい
  • どう仕事をすればいいのか分からない

 

テレワーク(在宅勤務)で仕事に集中する方法

仕事中は家族や同棲相手と過ごさない

私が前回失敗したのは間違いなくコレだった。我が家は嫁・犬君・猫さんと暮らしているが、仕事に集中するのは難しい。嫁はパートに出るのでずっとではないが、犬君のオヤツくれ・遊べアピール、猫さんも構ってアピールが凄く、1時間すら集中して仕事できなかった。

前回の反省を活かし、今回はリビングではなく寝室にこもって仕事をする。Zoomでの会議もあるので、予めヘッドセットも用意した。

犬君と猫さんを何時間も放っておくのも嫌なので、休憩時間を細くしてメリハリを付けていく。作業場所が確保できない人はヘッドセットの他、作業場所付近に衝立を置くようにして別空間を作ってもいいだろう。

たったコレだけでも集中力は全然違う。

注意
・自分の部屋がない
・お子さんの面倒を見なければいけない

このような人は難しいろうだけど、そこはアイデア次第。小さいお子さんがいる人は奥さん(旦那さん)に面倒を見てもらい、共働きなら予めルールを決めておく。お子さんが構ってアピールするなら、勉強しないことは目を瞑ってとことんゲームさせてあげよう

その他にも方法はあるが、対象者(子供・彼氏彼女・配偶者・動物)の関心を自分自身から外す。狭い部屋で複数人で暮らしている人はデスク専用のミニ衝立で作業スペースを確保、皆が寝ている時に作業するなどかな。実際やってないので分からないが、カフェやファミレス等も利用して孤独な環境を作ることが大事。

 

SNSや私的なインターネットに触れない

業務上必要な連絡を除くSNSやインターネットは見ないようにする。見るのであれば[休憩時間のみ]などのルールを事前決め、仕事中にチェックしないようにしよう。

  • 生産性のないLINE
  • 登録しているユーチューバーの新動画
  • どうでもいい他人のFacebookの更新
  • 炎上気味の案件

などなど仕事の妨げになるものは徹底排除しないと、仕事は進まない。現在コロナウイルス影響で様々な企業や著名人が自宅でも退屈させないコンテンツを提供してくれている。どれも素晴らしいコンテンツばかりだが、仕事をする上では必要なし。

にしても可愛いな畜生。こんな感じで一度見たらアウト。

 

エロ動画も自粛

テレワークは孤独。
テレワークは自由。

となると、どうしてもエロ動画の出番である。現在はFANZAでも10円セールを開催するなど、より視聴ハードルが下がってしまった。でも、仕事中は我慢しよう。リフレッシュだけならともかく、仕事のやる気さえ削いでしまうので、グッと堪え、業務後のお楽しみをとっておこう。

TwitterやLINEでエロ友から送られてくる魔の誘惑を視界にいれず、黙々と作業に集中する。

 

食事管理もしっかり行う

テレワーク中は食事も気をつけよう。普段から気を使っている人は問題ないが、そうでない人は誘惑に負けがち。でないと太る。好きな食べ物を好きなだけ食べれることは幸せなことだが、食べ過ぎて何の為のテレワークか分からなくなっては本末転倒である。

食べること&寝ることは休憩時間に。

 

“働いてます”アピールし過ぎない

テレワークや在宅勤務の場合難しくなるのが他の人の動きについて。出勤時間や退勤時間に一言チャットツール等で報告するのは当然だとして、その他にも休憩時間や長時間席を外す場合なども伝えておけば『あれ?○○さんからレスがない?サボってる?』とはならない。

でも、面倒だ。

社内共有のSNSでメッセージのやり取りをしている場合は、サボりと思われないよう、早めに返すことを考えているが、仕事よりレスが負担になっている。また、自分が知らない間に未読のメッセージが無茶苦茶溜まっていくと、読み返して状況を理解するのが面倒だ。

なので、運用前にルールを決めておくとストレスの減少に繋がる。

私の場合なら

  • 即レスしないし相手にも求めない
  • 即レス必要なことは別のツール(電話)を利用
  • レスの速度に感情を出さない(「まだ確認してないの?」などの嫌味はNG)
  • 語尾は「!」などの前向きな形で終える

慣れないテレワークでストレス溜まることもあるが、社内コミュニケーションは最低限ストレス溜めたくない。私はストレスを溜めたくないので、相手に求め過ぎないようにしている。

「もしかしたら無茶苦茶トイレで頑張ってるかもしれない」、「ネット回線が悪くなってメッセージを確認できていないのかもしれない」など、数時間レスがないならともかく、1〜2時間程度であれば気にしないようにした。1日のタスク管理をしっかりを行えば問題なし。

 

仕事の進捗状況は低めに設定

テレワークは姿勢を見せることが難しい働き方。やる気よりも成果が求められることが多くなるので、業務内容を上司や会社の人に伝えたところで、その業務を知っていない人からすると「え?ちょっと時間かかり過ぎじゃない?」と思われることも。

数日後に誰が見ても分かる圧倒的な成果が出せればいいのだが、検証やリサーチ段階の業務は評価が難しくなる。そこはもう会社や上司次第という他ないので、事前にしっかり確認し合い、ある程度は許容する姿勢を見せ合っていくしかないだろう。

私のケースをお伝えしておくと、朝の業務スタート時に本日行う予定の作業を伝え合う。その時点で共有相手から質問があれば答え、私も不明点あれば聞くという形。1日の流れをシェアしておけば、「あれ?まだ?」は確実に減り、ストレスなくテレワークに集中できた。

人は自分より楽している相手がいると不快になりがちだが、いちいち気にせず自分のすべきことをしっかり行い、業務を完結していこう。その姿勢が他の人に良い意味で伝わり、コミュニケーションは最小限で成果は想定以上なんてことに繋がれば万々歳だ。

 

まとめ

慣れてない人は、テレワークすることに難しさを感じているようだ。そうならないため、事前のルール作りや誘惑に対する自粛の徹底をし、会社同様に働ける環境の構築から始めよう。現在未曾有の事態ではあるが、この機会を利用してテレワークや在宅勤務を経験出来ることをポジティブに捉えていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。