【転職準備】転職する場合は事前準備が全て? | 転職の流れと事前準備のポイントやお役立ち情報まとめ

先日「いつでも転職活動をできる準備しておこう」という趣旨の記事を書きました。

【転職の準備】転職サイトのマイページ更新や見直しを定期的して”いつか”に備える

転職活動をする理由は、『もっとお金を稼ぎたい!』『憧れの○○に行きたい!』などのポジティブ・野心的な理由もあれば、人員調整で辞めざるを得なくなった、破綻して強制的に動かざるを得なくなったなど、人によって様々。

いつ訪れるか分からない転職活動に備えて事前準備をしっかりと行いたいところですが、こんな悩みもあると思います。

  • 転職したいけど、どんな事前準備が必要か分からない
  • 既に準備済みだけど、これで書類選考通るのか不明
  • 事前準備しなくても大丈夫じゃないの?

と自信がない人や事前準備の必要性を感じてない人もいることでしょう。

転職アドバイザー

転職活動では、「事前準備」をしっかり行っておくことが重要なポイントです。転職活動は想定通りにならないことも多々あるので、事前準備をして軸を作っておきましょう。

『事前準備なんてしなくても余裕』なんて甘く考えると、転職活動の軸もブレて納得いく企業への転職が遠のく可能性がございます。

そこで、この記事では転職アドバイザーに何度もお世話になった筆者の経験から、転職活動の事前準備に関しての情報をお伝えしていきます。目立った職歴や実績がないと感じている人、転職エージェント(※)を利用したことない人に分かりやすく紹介していきますので、是非とも参考にしてみてください。

※転職活動をする際、自力では限界があるので転職エージェントのサポートは必須。最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントを利用すること、複数のエージェントのサポートを得ることで、こんな大きなメリットがあります。

  • 非公開求人の紹介を受けることができる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、アドバイスを受けることができる
  • 過去応募・不採用・内定を頂いていた事例があれば教えてくれる
  • その転職エージェントしか持っていない案件も紹介してくれることがある
  • 優先的に好求人を紹介してもらえることがある
  • 内定を頂いた後の調整(入社日、条件など)もして頂ける
  • 不採用でもフィードバックを受けることができるので、次に活かすことが可能に

とメリットだらけ。あまりに複数のエージェントに頼みすぎると、混乱する可能性も高くなりますし、返答も手間なので、2か3社で十分です。

【転職準備】転職する場合は事前準備をしっかり行おう

私の友人でこんな例がありました。名前はT君で、大学卒業から37歳までの約15年間同じ会社に勤めていましたが、会社の業績が悪くなったことがキッカケで初の転職活動をしたのです。

T君プロフィール
  • 新卒で健康グッズのEC(通販)運営を行う会社に入社
  • 同じ会社に15年以上勤務
  • 職業はWebデザイナーでサイト、LP、広告制作に従事
  • 既婚で5歳になる息子もいる
  • 転勤は考えてない
  • 給料は下がらなければOK(年収約600万円)
  • 転職活動経験なし

初の転職活動で分からないことだらけのようですが、武器もありますね。1つはWebデザイナーとしての経験が豊富なこと、もう1つは同じ会社に15年間勤務したこと。これらの武器を活かして転職したいところですが、当然簡単にコトは進みません。求人を探し始める前には事前準備が必要なので、転職活動の流れから順に説明していきます。

転職活動で事前準備が必要な理由と転職活動の流れ

転職活動は最初に選考を受けた1社のみで決まることはほぼありません。幾つもの求人を出している企業を確認し、仕事内容や条件等で判断していきます。書類選考を通貨して面接を数回(1回の場合も)を受け、双方マッチすれば内定となります。当然ながら全ての企業がご自身の希望を叶えてくれる訳ではありません。

事前準備をすることの重要性は、自分に何ができてどんな仕事がしたいのか?今まで何をしてきたか?などの振り返りをして転職活動の軸をしっかり定めることに繋がります。限られた転職活動の時間を有意義に利用するため、事前準備をしながら転職活動の軸を決めていきましょう。

転職活動は、以下のような流れでおこないます。

  1.  事前準備
  2.  履歴書、職務経歴書、(ポートフォリオ)の作成・見直し
  3.  書類選考
  4.  面接
  5.  内定
  6.  退職手続き

順番にご説明していきます。

転職活動にかかる期間の目安は3〜6ヶ月

既にご紹介した通り、転職活動期間は1つの工程ではなく、準備期間から応募、内定、退職手続きまで含めると、3〜6ヶ月程度かかると言われています。友人T君も実際に転職先で働くまで5ヶ月程要しました。

当然個人によって期間の差はございますが、予め半年程度はかかると考えておき、少しでも早めに転職活動の事前準備をしておくことをオススメします。

次に転職活動の流れを具体的にご紹介していきます。

1・事前準備

転職を検討し始めるタイミングは人それぞれです。とはいえ『転職したい!』⇒『じゃあ、ウチ来てよ!』なんてパターンはレア。既に名前が知られているような人であれば、あっさり決まる場合もありますが、実際は入念な準備が必要です。

直ぐに求人を確認して応募するのではなく、まずはキャリアの棚卸、転職で何を実現したいのか?などの自己分析をしていきましょう。自分のことは分かっているつもりでも、キャリアの棚卸しで気づくことも多々あります。

自己分析が終わったら、志望する企業や業界の研究をしていきましょう。入社後後に『想定と違っていた……』とならぬよう、企業のコーポレートサイトに掲載されている内容確認に加え、口コミサイトも利用して実際に働く(働いていた)方の声もチェックです。

自己分析と企業・業界の研究で焦りは厳禁。多少時間がかかってもしっかり軸を固めないと、後々”ふりだしに戻る”なんてことにもなりかねます。転職活動の軸や方向性を定めることが、納得いく企業へ転職する最短ルーロになります。楽して簡単に見つかるなんてことは絶対にありません。

 

2・履歴書、職務経歴書、(ポートフォリオ)の作成・見直し

しっかりと転職活動の事前準備ができたら、次は書類選考を通すための履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの作成・見直しを行いましょう。データとしては勿論、転職サイト上に掲載するデータも同時に作業していきます。職務経歴に加えて今まで何をして、どんな実績を残してきたのか?資格や利用可能なツールも掲載し、企業の人事担当にアピールする構成で作り込みます。

私もですが、30歳以上の人は実績やマネジメント経験が超重要。企業が期待しているのは、「積み重ねてきたキャリアを活かして会社を成長させて欲しい」なので、自分が入ることでどう会社に貢献できるのか分かりやすくめとめていきましょう。細かい書き方などは、転職エージェントの力も借りて進めていきます。

また、一度作ったあとも定期的にメンテナンスが必要です。更新してない間にできた実績、過去の構成見直しなど、転職するしない別にアップデートする癖を付けていきましょう。

 

3・書類選考

書類の準備ができたら、いよいよ転職先を探しましょう。主要のリクナビ、マイナビ、en転職、typeで十分です。なお、どの転職サイトでも転職エージェントから声がかかる可能性があります。試したことある人は分かると思いますが、企業のオファーに加えて転職エージェントから

転職エージェント

いい求人ありまっせ!一度話しない?

なんてザラにあります。『転職エージェントに登録する』というと、若干堅苦しい印象を持ちますよね?一度オフィス行ってアレコレ質問されてようやく求人を紹介してくれるという手間です。私も過去に転職エージェントと何度か打ち合わせてした経験がございます。平日は時間の確保が難しいので、土曜に時間作ってエージェントの事務所へ行ったりカフェで話したりなど。振り返ると無駄な時間でしたが、今ならほとんど電話やZoomで済みます。仕事していて時間ない人は遠慮せず、電話かZoomで紹介してもらうようにしましょう。



 

4・面接

応募した求人で書類選考が通過すると、次はいよいよ面接。最近ではコロナの影響で一次面接にZoom面接を導入する企業も増えてきました。オンラインだからといって油断せず、しっかり採用担当者にアピールできるようにしましょう。

中年がZoom面接を通過するためのコツを徹底解説|事前準備や好印象を与えるポイントまで全て晒す

オンラインでもオフラインでも面接内容に大きな違いはありません。多くの企業が会社紹介、今回求人を出している背景を伝えてくれた後に、応募者の経歴やスキル、志望動機を伺い、採用担当者は気になる箇所を質問という流れです。担当者や面接同席する方が「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえるようアピールしていきましょう。

面接の最後には希望条件や『質問ありますか?』などの時間も設けられるので、遠慮せずに気になることは全て聞きましょう。

 

5・内定

面接の結果はメールで届く場合がほとんどです。転職エージェント経由で応募した際は、エージェントからテンション高めの電話が届く場合も。少しウザいと思いつつ、無茶苦茶嬉しい瞬間ですね。

内定通知のメールと同時に内定通知書も届きます。諸々条件が記載されていますので、入社するかどうかの判断材料になります。また、同時進行で進めていた企業へは応募するか否かの確認など、スケジュール調整も必要です。

 

6・退職手続き

内定を頂いた企業への入社が決まったあとは、現職に対する退職手続きです。会社の就業規則によっては「退職1ヶ月前に通知」などがあるので、現職場の雇用契約書も確認しておきましょう。まずは直属の上司(人が少ない会社はいきなり社長パターンもあり)に相談という形で話を伝え、今後の引き継ぎや有給消化の調整をしていきます。

間違っても仲の良い同僚に

〇〇社受かっちまった!!

なんて自慢しないようにしましょう。人によっては面白くないと感じる人も当然いるので、内定を貰った喜びはそこそこに。

 

転職活動の流れまとめ

順番に説明してきましたが、多くは簡単には進みません。私も転職活動をする度に半年前後かかってきました。若い頃は事前準備をロクにしてこなかったので、書類選考落ちまくったりブラック企業に面接行ったり失敗だらけです。一番の原因は事前準備不足でした。

その時の失敗談を最初に紹介した友人のT君に伝え、こっそり転職活動をサポートしたのです。その結果、最初から転職エージェントと二人三脚で慎重に転職活動を進め、良い条件を提示してくれた会社に入社することができました。多くのオファーを貰いながら、企業選定に失敗しなかったのは事前準備をしっかり行ったからです。

転職を少しでも考え始めたら、最初に取り掛かるのが転職活動の事前準備。キャリアの棚卸しをすると共に、ご自身の希望するキャリアを描き、それを実現できる企業を根気よく探していきましょう。


転職活動の準備をしないと、どんなデメリットが待っている?

転職活動で事前準備の重要性を説いてきました。良い準備をしないと転職活動が長期化する可能性があるので注意しましょう。ここから私が転職活動の準備をしなかったことでやらかした事例を紹介していきます。

職務経歴書を自分でも説明できない

20代の頃の話ですが、職務経歴書の書き方が分からなかったため、事例やサンプルを元に作りました。参考にするのは問題ありませんが、幾つか経歴をそのまま掲載してしまったので、面接時に『これは何?』と聞かれた際に止まってしましました。当然選考は不採用。自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

 

転職活動の軸がブレまくる

『ベンチャー企業で成長を感じたい!』と思ってベンチャー企業に面接行くも、面接担当の圧に『やっぱり堅実な企業が一番だな』となったり、給料はやっぱり40万円ぐらい欲しいなー、社員旅行ないところがいいなぁー、若い会社のノリについていくのは無理だなーなど、面接に行ってから思うことが多々ありました。わざわざ訪問したのに手応えなくて1日無駄にした気分になってますが、全ては私の研究不足です。

 

焦って転職しようと妥協する

何度も書類選考落ちると凹みます。求人サイトを見る⇒応募⇒不採用のルーティーンにハマると、とりあえず面接受けさせてくれる会社の話を聞くというスタイルに変化しがちで、私もそうでした。

内定頂いた後に

アジョー

ん?この会社どこに魅力あって応募したんだろうか。。。

となるパターンは数回あります。書類選考が通らないことで、焦りが生まれて転職活動がブレブレになったダメなパターンです。

 

盛り込み過ぎた応募書類

書類選考突破に向けて書類を見直していた時、膨大な量の実績を事細かく載せてしまったことがあります。受け取った側の気持ちは考えず、説明不足な面を露呈してしまいました。説明は大事ですが、長過ぎると読む気が失せます。

 

中途半端な転職活動

  • 会社の誰々がムカつく
  • 仕事がつまらなくなってきた
  • 朝起きるのが面倒
  • 仲良かった人が辞めちゃった

こんな理由で何となく転職活動をした経験ありますが、こんなヤツ企業は要らないですよね。当然面接時に聞かれる志望動機もあやふやで、この時の転職活動に使っていた時間が勿体ない無さ過ぎました。

 

転職活動の準備不足まとめ

事前準備をしないと無駄に長期化する恐れがあります。テキトーに転職活動をした結果、現状より悪い会社に入ってしまっては意味がありません。しっかり事前準備を行った上で動くようにしていきましょう。

 

転職準備はいつ行うのが最適か?

ここまで事前準備の大切さをお伝えしてきました。では、いつから事前準備を始めればいいのか?ということですが、直ぐです。今後独立や起業を具体的に検討している方は別ですが、多くは会社にしがみつくかと思います。私もその一人。

新型コロナウイルスの影響で仕事を変えざるを得なくなった人、転職を検討し始めた人などがいることでしょう。コロナ関係なくても終身雇用制度が崩壊した今、いつ転職活動をする必要が出てくるのか誰も分かりません。

そのいつかに備え、今の会社を辞める気がなくても転職活動の事前準備はだけはしっかり行っておきましょう。事前準備は時間がかかりますので、会社を辞めてから取り掛かるのは遅過ぎます。スピーディーに選考をする会社もあれば、1ヶ月前後かける企業もあるので、転職活動する際にスタートダッシュが切れる準備だけはしておき、万が一の事態に備えておくことがポイントです。

転職活動の準備は在職中に始めよう

転職活動を始めても直ぐに内定先は決まりません。書類選考、面接(数回)、退職手続きと考えていくと、最短でも2ヶ月はかかるでしょう。ですので、働きながら準備だけは進めておくことに越したことはありません。

何から手を付ければ良いのか分からない人は、まずは転職サイトへの登録から。どのサイトも転職までの期間を入れるような項目がありますので、直ぐに転職をしない場合も登録しておきましょう。

注意
閲覧NGの企業を設定できる場合は現会社の名前を念の為入れておきましょう。

転職サイトに登録すれば、ほぼ間違いなく転職エージェントから声がかかります。そこで職務経歴書の添削サービスを受けることができます。使えるものは何でも使っていきましょう。

 

退職後に転職活動を始めるデメリット

退職してから転職活動をすることはオススメしません。転職活動の目安期間は3ヶ月〜6ヶ月程度と最初に説明ましたが、収入が入らない生活がいつまでも続くと焦りが生まれて『とりあえず入れるところに!』となってしまいがち。事前準備をしてこなかったことで、後々『失敗だったなぁ……』なんて後悔することになる恐れもあります。

余程のことをしない限りは即解雇などないので

  •  会社が怪しくなりそう
  •  転職が頭から離れない
  •  給料アップしたい

などが頭に浮かんだら、転職活動の準備を始めましょう。始めるだけなら誰にも迷惑をかけません。

 

転職活動はスケジュール管理がメチャメチャ大事

転職活動そのものに時間がかかりことを説明してきましたが、転職活動を効果的に進めるにはスケジュール管理がメチャメチャ大事です。無理にゴール目安を設定して『ここまでに何でもかんでも転職先を決めよう!』ではなく、転職活動のスケジューリングを日常のスケジュールにしっかり当てはめて行いましょう。

選考が進めば2日連続で面接を受けることもありますし、Zoomの面談が入る場合もございます。本業との兼ね合いもあるので、誰にも迷惑をかけないようなスケジューリングをして活動するのがポイントです。

誰かに

あの人最近よく電話してるし有給使いまくってるし、転職活動でもしてるのかな?

などと思われないよう、こっそり活動します。最近はコロナの影響でありませんが、以前は働いている人向けに面接が19時とか20時スタートを設けている会社もありました。

 

転職準備はいつ行うのが最適か?のまとめ

転職準備は在職中から始めていきましょう。直ぐに転職しなくても、いつかに備えておくことは大切です。何もせずに退職してから転職活動していては遅過ぎるので、事前準備が重要。

 

転職活動の準備によって転職活動期間の長さは変わる

転職活動には3ヶ月〜6ヶ月程度の期間を要することを説明してきましたが、実際そこまで長期化させたくはないですよね?そこで大事なのが、何度もお伝えした通りに転職活動の軸を固めること。そのために、自己分析から転職活動の流れを想定し、応募、面接、採用後の退職手続きまで効果的にスムースに行っていきます。

ステップ1
キャリアの洗い出し・自己分析

今までの経歴を振り返ってみましょう。

必要なのはやる気をアピールする暑苦しさではなく、冷静に振り返ること。どのようなキャリアで何を積み重ね、どんなことを成し遂げてきたのか?

自分自身の長所と短所も把握しましょう。面接時に結構聞かれる質問です。

ステップ2
キャリアビジョンを明確に

転職活動をする際、単純に『給料アップしたい』『気になっていた業界に入りたい』ではなく、応募する会社でどういうキャリアにしていきたいのか?という部分まで説明できるようにしてください。

仕事だけではなく、どういう人生を歩みたいか?部分まで落とし込めれば、自身が進むべき道がぼんやりと見えてくるようになり、転職活動にも好影響を与えます。

ステップ3
転職で叶えたいことの優先度

転職活動をしていくと、多くの求人を目にすることになり、気になる企業が多く出てくる場合があります。

給与が良い会社、同じ世代の人達が活躍している会社、他には福利厚生、家から近い職場、退職金制度があるなどなど。一度に全ての企業に対して同じ温度で熱量をアピールできればいいのですが、そんな簡単にはいきません。そこで、転職で叶えたいことの優先度を付けていきましょう。

給料アップできれば他は妥協する、給料アップない代わりに副業OKなどのルールを優先する、残業0の会社に絞るなど、何を最優先するのかによって転職活動で応募する企業も明確になっていきます。

ステップ4
企業・業界研究

どういう企業なのか?という点につきましては、企業のHPで理念や代表者のメッセージを確認すると、その企業がどういう方向性を持っているのか?多少なりとも理解できます。その企業文化に自身が入って問題ないか?などの検討する材料になります。転職サイトのGreen(グリーン)や、ビジネスSNSのWantedlyなどが比較的見やすいかと思います。

異業種に挑戦する場合は業界研究が必須です。業界を知らずに運良く入って後で公開しないよう、ご自身で調べられるところは調べ、どうしても難しい場合は転職エージェントに相談しましょう。

転職活動の準備期間を設けて軸を決めてから動くことで、無駄な情報に流されることなく、ご自身が求める条件に当てはまる会社を探しましょう。

 

転職活動の準備まとめ

キャリアの棚卸しや企業研究を行ったあとで実際に応募して面接に進むことになりますが、最初から一人で行うのは結構ハードです。1日働いてクタクタの状態で家でキャリアの棚卸しなんて面倒でしかありませんし、寝る前に企業研究しても翌朝忘れています。

ですので、転職を考え始めたら転職エージェントの力を借りることをオススメします。無料で利用できますし、面接日や給料交渉など、働くまで企業との間に入ってくれるるので、使わない手はありません。私が過去お世話になった人達はいずれも素晴らしい方々ばかりで、安心して任せることができました。非公開求人やハイクラス求人も所有しているので、転職サイトはサブで転職エージェント案件をメインに進めるような形が良いかと考えています。

転職エージェントについてはまだ今度別記事にて案内していく予定です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。