リュック選びの終着点?RAKUNEWで超薄型バックパック『TIMENOTEN Slim Backpack』を予約した

財布選びの記事をアップしているが、同時進行で仕事用のリュックも探している。

【PRESSoは使いにくい】僕らがほしい、キャッシュレス時代の理想の財布「PRESSo(プレッソ)」のレビュー

仕事用のバッグは無印良品のトートバッグを使っていたが、一方の肩にかけていたので肩コリが酷くなりリュックを検討し始めた。

条件は以下

  • PC収納
  • 小物入れ
  • そこそこの容量
  • アウトドアっぽくないデザイン

様々なブランドから探して購入したのはこちら

実店舗で一目惚れして即購入した。実際に使ってみると肩コリは直ぐに解消されたものの、良い点はそれぐらいだった。雨にそこまで強くなく、PCを入れてなくてもそこそこ重く、背負った時のシルエットが後ろに膨らんでしまう。使えば使うほど気に入らない点が出てきたので、再度バックパックを探す旅が始まった。

真っ先に浮かんだのはRAINS。

ミニマルなデザインで雨にも強く値段も悪くないのだが、ショルダーベルトが細くて快適そうに見えないのと、amazonのレビューを見ていると壊れやすいと評価が気になって却下した。

何かいいのないかな〜と探していたら、RAKUNEWでTIMENOTEN Slim Backpack|大都市の通勤・通学に最適な超薄型バックパックを発見する。内容見て気に入ったので、直ぐに予約した。

TIMENOTEN Slim Backpackとは?

僅か90mmの厚みでありながらビジネスシーン、学生様のニーズにも対応するスマートバックパック。もう朝のラッシュを憂鬱に感じることはない。ほうほう、興味深いね。

コンパートメント

使い勝手を追求し、高いデザイン性とセキュアも盛り込んだ仕様で、ジッパーはフルオープンで収納したアイテム全てに素早くアクセス可能。

TIMENOTENキャンペーン動画

コンパクトでありながら、そこそこ容量もあってスタイリッシュなデザイン。

ショルダーベルトもしっかりしていて、肩の負担も少なくなりそうだ。

カバンの中身というバッグの中を整理するバッグインバッグを小ぶりにしたバッグが中に入っているようだ。

素晴らしいね。これで価格は8,980円(税込)という衝撃プライス。

参考 TIMENOTENRAKUNEW

日本のメーカーなら最低でも2万円は取りそうだけど。

 

まとめ

申込み後、「いい買い物したなー」という充実感と、「安いのであまり持たないかも・・・」という2つの気持ちでいる。到着は8月なので今から楽しみだ。

 

追記:到着した。

RAKUNEWで購入した超薄型バックパック『TIMENOTEN Slim Backpack』レビュー

 

2020年2月22日追記:壊れました。

【悲報】超薄型バックパック『TIMENOTEN Slim Backpack』が、半年で終わりを迎えてしまった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。