お役立ち情報

関東直撃は必至か?台風19号に備えて今の時点で出来ること

10月 9, 2019

東京にも直撃しそうな台風19号が着々と日本に近づいてきている。

現在Twitterのトレンドには「#異例の緊急会見」がトレンド入り。

ついでにNetflixでアニメ化が発表された「日本沈没」もトレンドに入っていて、非常に怖いワードが並んでいる。

現在の進路予想はこちら。

©https://tenki.jp/bousai/typhoon/

東京でも明日10月10日(木)の午後から雨が降り始め、11日(金)から大雨になり、12日(土)から13日(日)にかけて台風の影響を受けることになる模様。

該当エリアの交通機関はマヒ、イベントは中止か延期になるだろう。

それだけではなく、家の倒壊、浸水なども十分考えられ、死者行方不明者も出てくる場合も……。

つまり、相当マズい事態が訪れようとしている。

今の時点で出来ること、台風が襲ってきた時にすべきことは何だろうか?

関東直撃予想の台風19号に備えて

参考までに、先月の台風17号を旅行中の沖縄でモロに受けた筆者の経験を残しておく。

  • 窓にバンバン当たる雨音で目が覚める
  • 外の道路沿いに立っていた木がグワングワン揺れる
  • タクシーの運転手曰く台風の日は『地元民でも慣れた人でないと車の運転はしない』

とのこと。

そんな沖縄を襲った台風17号よりも強い台風が、週末に関東を襲ってくる(予定)。

今の予想に比べると大したことなかったとなれば万々歳だが、予定通り上陸したら日常を送るのが難しいだろう。

事前に出来ることは何か?

台風19号対策①仕事に関して

台風が来ると分かっているのに何も対策しない会社はダメ。

天気予報を見て早く帰すか、休みにするのがまともな会社で、それ以外はダメ会社と割り切り、自分の身は自分で守る方向で動こう。

有給休暇を出す、今日から体調悪いアピールを周囲にするなどの防衛でなんとでもなる。

こんな時に罪悪感なんて感じる必要ない。

というより、今回予想される台風の規模を考えれば、鉄道会社が一斉に計画運休を事前に発表すればいいのではないだろうか?

いずれにせよ、金曜の仕事を早めに切り上げる、出社しない、有給を利用する、などの防御体制に入ろう。

土日祝の休みがないサービス業も営業時間縮小や臨時休業で対応すべき。

アルバイトやパートであれば堂々休んでしまおう。

 

台風19号対策②食料や日用品の確保

今回の台風はどうなるか分からない。

そこで、事前に食料を多めに確保しておくことも大切。

台風が過ぎ去った後、交通機関がまともに動くか分からない。

スーパーやコンビニへの配達が遅れるケースも想定しておくべき。

何を買ったらいいのか分からない人は、とりあえずペヤング用意しておこう。

ペヤング大好き。

また、エリアによっては停電等も考えられるので、懐中電灯、手回し発電機などの防災グッズもあると心強い。

 

台風19号対策③家の周り

戸建てかマンションによって対策は変わるが、外にあるものをしまうか固定して動かないようにしよう。

物干し竿、植木鉢、自転車、バルコニーに置いてて飛びそうなモノなど。

また、窓にシャッターがあれば締め、窓ガラスの破損も防ごう。

 

台風19号対策④予定、イベント

全キャンセルで。

台風になると一定数外に出て楽しもうというチャレンジャー(厨二病)が登場するが、外出は危険なので止めるべき。

 

まとめ

  • 仕事は休むか早帰り
  • 食料や日用品は多めに準備
  • 家に被害出ないようしまえる物はしまいましょう
  • イベント含めて外出の予定は全てなしに

こんなところ。

我が家の犬君は外じゃないとトイレをしない&雨風大嫌いで帰ろうとするため、雨の日は毎回憂鬱になっていたが、今回は長期戦になるだろう。

仕事も外出もせず、台風が過ぎ去るまで我慢のみ。

皆さんも出来ることから準備して備えよう。

-お役立ち情報
-, , ,

Copyright© 老い時々晴れ , 2020 All Rights Reserved.