どんな財布より速く、薄く、小さく、賢い。『フレキシブルIoT財布TIME』レビュー。ブラック×ブラックも追加

「財布をスマートにしたい」と考えている人は多いのではないだろうか。少し前であれば長財布か二つ折り財布の二択だったが、スマホやキャッシュレス社会が進んだことで、大きな財布を持ち歩く必要はなくなった。

abrAsusを始め小さくて機能的な財布が多く登場したことで、私も財布を探すようになった。実際に幾つも試している。

【HERZ レビュー】財布の軽量化にオススメなHERZのL字ファスナー財布 【レビュー】less is(旧MINIMALS)。「手ぶら財布」| 完全キャッシュレス派の人でないと使い勝手は悪いかも 【レビュー】abrAsus(アブラサス)小さい財布 | ようやく出会えたミニ財布の良さを紹介します! 【僕らがほしい、キャッシュレス時代の理想の財布「PRESSo(プレッソ)」】をMakuake(マクアケ)で支援した

4つ試して気付いたことは、小さな財布はどれも一長一短があり、必ず何らかの気になる箇所・デメリットが存在するということ。

現在利用しているabrAsus(アブラサス)の小さな財布も非常に気に入ってるが、構造上お札が三つ折りになり、取り出す時にクルンと丸まるのが嫌だった。ということで財布探しの旅は続いていた。求める条件は【薄い・お札は二つ折り・小銭も入る・傷が付きにくい】。

そんな時、Makuakeで発見して気になったのが今回紹介するどんな財布より速く、薄く、小さく、賢い。『フレキシブルIoT財布TIME』という財布。この財布は求める条件を満たしていたので、即申し込んだ。そして数カ月後、遂に現物が届いたのでレビューしていく。

 

フレキシブルIoT財布TIME

『フレキシブルIoT財布TIME』はクラウドファンディングサイト「Makuake」において、目標金額の3444%にあたる約1000万円の資金を調達したNINE SUPPLY株式会社の財布。

  1. 薄いだけ、小さいだけじゃない「薄くて小さい」オールインワン財布
  2. 小銭の自動仕分け、スマートICタッチなど6つの時短機能!
  3. 財布の居場所をスマホにお知らせ&財布からもスマホを呼び出せる

小さい財布は幾つもありますが、小銭の自動仕分け、スマートICタッチなどは他にはない点です。革は50年以上の歴史を誇る有名レザーメーカーに特注した国産の本革で、軽量で傷が付きにくいのが特徴。

『フレキシブルIoT財布TIME』の特徴

1・理想的なサイズ

『フレキシブルIoT財布TIME』は適度なコンパクトサイズ設計の財布である。今まではとにかく小さいサイズと、サイズばかり注目してきたが、日常使いの観点からお札を三つ折りにするのは手間だと実感した。クルンとなるし。

小銭入れが小さ過ぎると入れる際に面倒ので、ある程度の幅は必要である。その点、フレキシブルIoT財布TIMEは理想的なサイズではないだろうか。

これでTile Slimのカード、カード2枚、お札6枚、小銭約10枚入った状態。シャツの胸ポケットに入れても違和感なく収まる。

abrAsusの小さい財布と比較した画像がこちら。

左がabrAsusの小さい財布(何も入ってない)、右がフレキシブルIoT財布TIME

薄いね。小銭は16枚とのことだが、現実的には6、7枚ぐらいで、カードは4枚程が妥当。

上から見た様子はこちら。

左からHERZのL字ファスナー財布、abrAsus(アブラサス)の小さな財布、フレキシブルIoT財布TIME

abrAsus(アブラサス)の小さな財布と比べると幅はある、実際に手に持つと大きいという印象はなく程よいサイズ感。

 

2・小銭入れ箇所

小銭入れは雑に入れられるかがポイント。一時的にズボンかカバンのポケットに入れていくことになるので、小銭入れもそこそここだわりたい。

小銭入れは最大16枚入るようだが、お釣りを受け取って雑に小銭を入れる使い方だと、6、7枚が妥当である。購入翌日に札を渡してお釣りを受け取ったところ、直ぐに小銭入れ箇所がパンパンになってしまい、慌ててズボンのポケットに入れた。慣れもあるが、頻繁な利用は難しい。

MEMO
小銭を5枚以上受け取る場合、一旦ポケットやバッグに入れるようにするとスムーズです。

 

3・Tile Slim

フレキシブルIoT財布TIME最大の特徴となるTile Slim。

Tile Slimは、カードを入れてる箇所をめくるとスリットが見えるので、そこに入れます。ちなみにTile Slimは入れても入れなくても厚みに影響はなし。せっかくなので今は入れている。

設定は非常に簡単だが、今のところ使ってない。今後使う機会があれば無茶苦茶便利な機能となるが、生涯一度も財布を無くしたことないので、その日が訪れるのか否か。

追記:財布落とした

人生で初めて財布を落として発見するまでの一部始終。

使わない場合は小銭やレシートなどの一時保管場所として使えそうだ。

 

『フレキシブルIoT財布TIME』を使用する上での注意点

一万円札が少しだけはみ出る

千円札はともかくとして、一万円札がやや見えてしまうのが難点。何度か試したが、どうしてもはみ出てしまう。かといって三つ折りにすると本末転倒&厚みが増すのでそのまま利用している。ここは難点というかちょっと残念な点。革が柔らかくなれば入るのかどうか、もう少し様子見ていく。

MEMO
お札の入れる角度を変える(90度回転)ことで解決しました

 

出し入れはスムーズにいかない

サイトの説明見ていると物凄く簡単にお札の出し入れや小銭が収納できるよう紹介しているが、実際は簡単でなく、5枚以上お札があるとスリットからお札の腹に指を通すのが難しい。現状は折った状態のまま取り出し、財布の外で利用するお札を選ぶ形なので、マネークリップ的な使い方をしている。

小銭の収納もコツがいるので、説明ほどスムーズではない。小銭に関してはお釣りとして受け取った直後は別に保管し、家やオフィスで整えていく使い方をしている。持ち物増やしたくないので、現状別で小銭入れを持つという考えはない。

追記:小銭入れ買った

hmnyのミニ小銭入れをお釣り受取り用として使う

 

『フレキシブルIoT財布TIME』の感想まとめ

良かったポイント
・薄くてかさばらない
・コインも5、6枚収納可能
・傷付きにくい革が◎
ココがダメ
・一万円札がはみ出る
・お札を出すのがクイックでない
・小銭の収納がスムーズでない

今感じるダメな点も使い続けていくことで解決していく可能性あるので、しばらく利用して様子見ていく。

 

『フレキシブルIoT財布TIME』を購入するには?

2019年9月4日現在

CAMPFIREでアンコールファンディングが開始している。

参考 フレキシブルIoT財布『TIME』CAMPFIRE

今回からカラーにブラック×ブラックが加わった。こっちが欲しかったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。