こりゃ並ぶわ!東京初出店の「やっぱりステーキ」が早くて美味いので最高!まだの方は吉祥寺へGO!

コロナ太りにより6月からプチダイエットをしている筆者だが、週末は制限せずに中央線沿線のグルメを楽しんでいる。ハズレが少ないのが住みたい街で常に上位の吉祥寺。行く度に様々なグルメを満喫し、いっそのこと住みたいな⇒家賃高っ!を繰り返している。

今回ご紹介するのは、沖縄発祥の人気ステーキチェーン『やっぱりステーキ』。6月に東京初上陸したというニュースをネットで拝見し、訪問したいと考えていた店舗である。恥ずかしながら初耳の店舗だが、既に沖縄や福岡では約50店舗もあるようだ。東京初上陸で吉祥寺を選ぶなんて最高過ぎるぜ!ということで、先日行ってみた。

『やっぱりステーキ』感想

そもそもステーキを食べること自体久々である。「いきなりステーキ」は何店舗か伺ったが、お店や焼く人によって焼き加減や味に随分ムラがあったのが気になり、いつの間にか足が遠のいた。年齢もあって胃もたれしやすくなったことも影響している。また、シンプルに「いきなりステーキ」のチェーン店なの?という謎の思い込みがあったことも否めない。

ただ、多くの『やっぱりステーキ行ってみた』な記事やインスタを拝見するうち、これは一度食べてみないと分からないなとなり、嫁氏を誘って行ってみることにした。

『やっぱりステーキ』について&メニュー

やっぱりグループは、200g1,000円、カウンター6席の小さな店舗から「やっぱりステーキ」としてスタートしました。そこから、多くのみなさんに支えられ、その1年後には店舗数はFC店も含めると12店舗にのぼるほどの成長を遂げています。
「やっぱり美味しい」「やっぱり食べたい」、そう心に残る食と場の提供は、日常の食のシーンを豊かにできると信じています。

引用:やっぱりグループHPより

6月に吉祥寺店にオープンした店舗は行列が出来ているようなので、狙うべきは15:30〜16:30ぐらいのランチでもディナーでもない微妙な時間だ。

MEMO
この時間帯で爆食いすることにより、食費の削減と体内消化のダブルパンチが出来るから絶妙な時間帯での食事を好む。

が、この狙いは外れてしまう。土曜でやや道路が混んでいることもあり、17時頃に到着する頃には既に6、7組の列が出来ていた。少し遅かったが、一旦並んで回転率を伺うことにした。すると、悪くないペースで進んでいく。回転率は悪くなさそうだ。

メニューについてはこちら

看板メニューの「やっぱりステーキ」は150gで¥1,000円(税込)というコスパの良さ。全メニューがスープ・サラダ・ご飯がセットなので、ファミレスと大差ない価格設定は嬉しすぎる。

『やっぱりステーキ』吉祥寺店

入る前に入り口のイラストをパシャリ。

可愛い

店内に入る前に自販機で券を購入することに。嫁氏はヒレの150g(1,480円)、私は最初ということで定番の「やっぱりステーキ」300g(1,980円)を頂くことした。ラーメン屋でもそうだが、まずはお店の看板メニューを頂くようにしている。

席につき、ライス(黒米)、サラダ、スープ、水をテーブルに運び、ステーキ食す前の準備を淡々と行う。そしていよいよステーキの登場。サラダを食べている最中に運ばれたので、食券を店員さんに渡してから10分経過したかどうかの速さである。これは素晴らしい。

で、実際に食べたステーキがこちら。

なかなかの肉厚さである。食べ方もシンプルに塩を振りかける程度にし、途中でポン酢やにんにくで味変させた。

肝心の味に関しては美味い……。語彙力なくて恐縮だが、シンプルながらバクバク進む良い癖があった。HPによると、採用してる部位は、あっさりとした食感と濃厚な味わいのあるミスジ肉ということが分かった。

こんなに分厚くてもナイフでするすると切ることが可能で、切った断面をプレートでジュウジュウと焼いて食べる食べる食べる。焼き加減と卓上調味によって毎回違う美味しさが味わえるので、300gでさえサラッといけた。食べ終わっても胃もたれしてないことが嬉しい。150gを頼んだ嫁氏も速いペースで食べたので、店内にいたのは20分程ではないだろうか。

 

『やっぱりステーキ』まとめ

コスト&味&回転率全て大満足でお店を後にした。お肉そのものも美味しく頂けたが、それ以上に胃もたれのなさは感動的である。食べてもお腹がスッキリしていたので、調子に乗って近くのパールレディでクレープを食べたのは内緒だ。

MEMO
ここのダブルベリークレープの美味しさハンパないので、お近くに寄った際は是非。

パールレディ

翌日もう一つの感動が待っていた。それは、前日よりも痩せていたこと!!(ここ重要)。食べた時間もあるが、やはり赤身肉は良い。コロナ太りによってしばらく肉は避けてきたが、こういうステーキなら全然アリだなと再確認。また近いうちに訪問したいステーキ屋であった。

参考 『やっぱりステーキ』HPはこちらやっぱりグループ